メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-177-048

24時間受付・年中無休・通話無料

来所法律相談
30無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相模原市南区で遺産相続に関するお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALGにご相談下さい

来所法律相談
30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-177-048

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・無料電話
メールでお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

遺産相続のご相談は
弁護士法人ALGにお任せください

  • 全国対応

    遠方に住む相続人
    がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

年間累計反響件数

年間累計反響件数

年間相談件数()の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。 ※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

弁護士法人ALGへのご依頼後は、お客様が煩雑な手続きをする必要は
一切ありません!

遺産相続のご相談事例

相模原市南区で叔父が亡くなりましたが、相続について何もわかりません

相模原市南区在住、事務員をしています。

亡くなったのは、私の叔父です。私の母が叔父の妹にあたります。祖父母はすでに亡くなっています。

叔父は、体調を崩し地元の相模原市南区の病院で入院をしていました。親戚もなく私の母親も他界していることから、叔父の面倒を見る人がいないので、私が面倒を見ていたのです。しかし、その叔父が亡くなってしまいました。その時、叔父の相続について困っていたのです。どんな風に処理をすればいいのか全く分からず、途方にくれていました。私が財産を受け取ることになるのか、どのようにしたらいいのかわからないのです。

相続と言うと、かなりの知識が必要と感じます。ところが、全く相続に関して知識がありません。そして聞くところによると、叔父はギャンブルもとても好きだったので、もしかしたらその借金などもあるかもしれないと思っています。しかし、そのことを調べることもできず、手をつけられない状態です。

相続をするのは、そもそも私になるのでしょうか。それとも、私は関係なく例えば叔父が亡くなった相模原市南区等に寄付という形になるのでしょうか。叔父のお墓も新しく作ってあげたいと思うし、できたら私が少しでも相続をしたいです。

そのことについて、法律の専門家である弁護士に依頼をしようと思っています。相模原市南区で対応してくれる弁護士さんに相談をしたいです。弁護士費用なども心配なので、その点についても聞きたいと考えています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

まずは専任の受付スタッフが丁寧にお話をお伺いいたします

メールお問い合わせ

来所法律相談30分無料・全国対応・24時間・土日祝日受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

専任の受付スタッフが丁寧に承ります

来所法律相談30分無料・全国対応24時間・土日祝日受付

今すぐ電話相談

メールお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相模原市南区で相続放棄手続きをご検討中の方へ

相続放棄をする前に財産調査・相続順位確認をしましょう

相続財産をきちんと調査しましたか?

相続放棄はやり直せません。故人の借金だけでなく、財産や過払い金が後から出てくる事も…。

しっかり調査して手続きを。

相続人の相続順位の確認を忘れずに

相続放棄は新たな相続人を生み出します。故人の両親や祖父母、ご兄弟とその子や孫にまで影響が及びます。

トラブルを避けるためにもご確認ください

相続放棄の手続きには3か月の期限があります

相続を知ってから3か月が過ぎていない方

相続開始から3か月以内に相続放棄のお手続きをしないと遺産だけでなく、借金も相続することになりますので、急いで手続きが必要です。迅速・確実な相続放棄手続きのために、こちらをご覧ください。

相続を知ってから3か月が過ぎていた方

相続放棄手続きの期限が切れた場合でもノウハウを持った弁護士に依頼することで相続放棄が認められる場合があります。相続放棄手続きの期限が切れた方も、諦めずにまずはこちらをご覧ください。

知っていますか?相続放棄における、弁護士と司法書士の違い

司法書士は「書面作成補助者」として依頼人の行為を代行しているに過ぎないので、書類への記入や裁判所への提出など様々なことを自分でやる必要があります。

忙しいあなたへの「代理人」として、煩わしい手続きをすべて行ってくれるのが弁護士なのです。

大阪法律事務所 所長 弁護士 長田 弘樹

相続放棄のご相談事例

相模原市南区内の土地をめぐり、亡くなった義父の親族と揉めています。

ご相談させて下さい。

私は相模原市南区に住む55歳の専業主婦です。夫と夫の両親の4人で暮らし、家族で農業を営み生計を建ててきました。しかし夫の父78歳が療養中に他界したことで親族と遺産相続で揉めています。

義父は療養中に書いたと思われる遺書のようなメモを書き残しており、長男である夫に農地や住居兼作業場を譲ると書いてありました。ですが同じ相模原市南区に住む義父の兄が相続を放棄して欲しいと言っているのです。

というのも、元々は義父の兄が始めた農業なのです。義父の兄は別の商売を始めたことで農業から手を引き、義父が33歳の時に義母と息子である夫を連れ農業を引き継ぎました。土地、農地の土地権利書は義父の兄がまだ管理していたそうです。

農地にある建物などは義父の名義になっています。夫は義父が亡くなったことで土地や農地の権利を買い取りたいとお願いはしましたが義父の兄も自分の娘さんたちに土地や農地を財産として残してあげたいということで譲ることは出来ないと言われました。

土地や農地を手放してしまったら仕事も財産も失うことになってしまうのですが権利書が義父の兄のところにある以上、夫は相続を放棄しなくてはいけないのでしょうか?話し合いは平行線のままで解決を急がないと仕入れ先の企業にも迷惑をかけてしまいます。私たちは農業をしていくことを強く望んでいるのですが農業を続けることは出来ないでしょうか?

義父の兄は私たち家族が遺産相続を放棄しないのであれば弁護士をたてて戦うとまで言っています。夫も弁護士に相談する予定でいますが土地などの権利が義父の兄にある以上、私たちに勝ち目はありませんか?よろしくお願いいたします。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。