メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-177-048

24時間受付・年中無休・通話無料

来所法律相談
30無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

川崎市中原区で遺産相続に関するお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALGにご相談下さい

来所法律相談
30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-177-048

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・無料電話
メールでお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

遺産相続のご相談は
弁護士法人ALGにお任せください

  • 全国対応

    遠方に住む相続人
    がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

年間累計反響件数

年間累計反響件数

年間相談件数()の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。 ※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

弁護士法人ALGへのご依頼後は、お客様が煩雑な手続きをする必要は
一切ありません!

遺産相続のご相談事例

川崎市中原区の実家の父が亡くなり、実家を相続したいが弟は売却して現金が欲しいので意見が合わない

私は川崎市中原区に住む会社員です。実家が同じ川崎市中原区にあり、父親が住んでいます。また家族は他に県外に住む弟がいます。

いずれは実家に戻って暮らそうと思っているのですが、最近実家の父親が亡くなりました。突然のことだったので、遺言状は見つかりませんでした。父親は、実家は遺してくれたのですが、現金はほとんど残っていませんでした。お葬式代を支払って、きれいになくなるくらいの現金しかなく、他に株などの資産もないようでした。

弟はお金が手に入るとばかり思っていたらしく、かなり不満そうでした。そして、あろうことか、実家を売却してそのお金を分けようと言い出したのです。しかし、私としては幼い頃から育った愛着のある実家を手放したくはありません。売却して手に入るはずのお金の弟の取り分を現金で私が払う、という分け方もあるそうですが、それだと何百万という現金を用意する必要があります。しかし、これから子供も高校、大学に進む時期なので、なかなかそれを支払う余裕がありません。

そこで、私が家を引き取る代わりに、現在の実家の価格の半分を10年に渡って分割で払うからそれで折り合いをつけたい、と話したのですが、「それは嫌だ。分割なら利息をつけてくれ」と言い出す始末です。ここまで言われると、何か大きな借金でも抱えているのではないかと疑ってしまったり、嫌なことばかり考えてしまいます。

そもそも遺産の分け方が決められないなんて情けない話ですが、このまま当事者だけで話し合いをしてもまとまりそうもないので、弁護士さんに間に入ってもらおうかと考えています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

まずは専任の受付スタッフが丁寧にお話をお伺いいたします

メールお問い合わせ

来所法律相談30分無料・全国対応・24時間・土日祝日受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

専任の受付スタッフが丁寧に承ります

来所法律相談30分無料・全国対応24時間・土日祝日受付

今すぐ電話相談

メールお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

川崎市中原区で相続放棄手続きをご検討中の方へ

相続放棄をする前に財産調査・相続順位確認をしましょう

相続財産をきちんと調査しましたか?

相続放棄はやり直せません。故人の借金だけでなく、財産や過払い金が後から出てくる事も…。

しっかり調査して手続きを。

相続人の相続順位の確認を忘れずに

相続放棄は新たな相続人を生み出します。故人の両親や祖父母、ご兄弟とその子や孫にまで影響が及びます。

トラブルを避けるためにもご確認ください

相続放棄の手続きには3か月の期限があります

相続を知ってから3か月が過ぎていない方

相続開始から3か月以内に相続放棄のお手続きをしないと遺産だけでなく、借金も相続することになりますので、急いで手続きが必要です。迅速・確実な相続放棄手続きのために、こちらをご覧ください。

相続を知ってから3か月が過ぎていた方

相続放棄手続きの期限が切れた場合でもノウハウを持った弁護士に依頼することで相続放棄が認められる場合があります。相続放棄手続きの期限が切れた方も、諦めずにまずはこちらをご覧ください。

知っていますか?相続放棄における、弁護士と司法書士の違い

司法書士は「書面作成補助者」として依頼人の行為を代行しているに過ぎないので、書類への記入や裁判所への提出など様々なことを自分でやる必要があります。

忙しいあなたへの「代理人」として、煩わしい手続きをすべて行ってくれるのが弁護士なのです。

大阪法律事務所 所長 弁護士 長田 弘樹

相続放棄のご相談事例

義父が遺した川崎市中原区のペンションが赤字続きのため相続放棄したい

56歳男性です。妻と21歳の子供の3人で暮らしています。私は定年退職前に脱サラ。今では、喫茶店のマスターをしています。生活も苦しくはなく、嫁と平凡な生活を送っています。

嫁の実家は神奈川県川崎市中原区でペンションを経営しています。何時かは私を後継者として、迎えたいという嫁の両親の思いがあったようです。私が次男なので、自分の実家のことを気にする必要はないからです。夢見ていたカフェのマスターですが、数年で店をたたみ、川崎市中原区でペンションを経営してもいいのではと思っていました。

そんな環境の中で、義父が病魔に犯され、床に伏せたのが半年前でした。辛いことに、末期の癌でした。それから、あっという間に癌が進み、先月、亡くなったのです。

義父の遺言で、川崎市中原区のペンションは嫁が相続することになりました。しかし、実際にペンションの経営状態を調べてみると、赤字続きでかなりの負債があることが分かったのです。義母もそのことは、あまり知らないほど。少し呆れた私と嫁だったのですが、素直に相続をして経営を建て直すかどうかを、義母含めて3人で相談しました。

しかし、冷静に考えても再建することがとても難しいことが分かり、積極、相続放棄をせざるをえないということになりそうなのです。まだ、はっきりと決まったわけではないのですが、1度弁護士の人に相談をしてみて、冷静に判断力したいと考えているところです。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。