メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-177-048

24時間受付・年中無休・通話無料

来所法律相談
30無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

小山市で遺産相続に関するお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALGにご相談下さい

来所法律相談
30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-177-048

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・無料電話
メールでお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

遺産相続のご相談は
弁護士法人ALGにお任せください

  • 全国対応

    遠方に住む相続人
    がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

年間累計反響件数

年間累計反響件数

年間相談件数()の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。 ※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

弁護士法人ALGへのご依頼後は、お客様が煩雑な手続きをする必要は
一切ありません!

遺産相続のご相談事例

父の残した小山市の土地を巡って兄妹間で相続争いが発生しています

私は小山市で農業を営んでいます。以前は地元の観光業者に勤めてバスの運転手をしていましたが、持病が悪化し退社せざるを得ない状況でした。バスの運転手ですので万が一の事を考え、体調管理を徹底しています。

運転手ができなくなり、しばらくは内勤業務をしていましたが、不況の煽りを受けリストラ同然の肩たたきがありました。大手企業でもありませんでしたので、退職金も微々たるものでした。幸い、父が地主で田んぼをいくつか保有していたので、農家としてJAや道の駅に米を卸して生計を立てていました。

父は透析を繰り返していましたが、先日、75歳で亡くなりました。私は4人兄妹で私は長男です。次男は小山市内在住で車で20分ほどの距離、長女も同じ小山市内在住で車で15分ほどの距離、三男は徒歩5分の距離に住んでいます。

私は長男ですので結婚し両親と同居をしています。父親は体調を崩してからは小山市内の病気に入退院を繰り返していました。自宅でも介護が必要で妻にも苦労をかけました。

兄妹たちは、入院中に交代で父親の世話をしたり協力はしてくれましたが、自宅での介護負担などを考えると私の負担が大きかったように感じます。遺産は、預金などは僅かでしたが、田んぼをいくつか保有しています。

父親の生前から、私達夫婦が田んぼを管理して米作りをしていました。兄妹たちはゴールデンウィークなどの大型連休には手伝いに来ていましたが、一年を通しての田んぼの世話は私達の仕事でした。今は、私が農家として生計を立てているので、その田んぼは私が全て相続できると思っていたのですが、父が亡くなってから兄妹たちの態度が一変しました。次男と長女が手を組み、相続は法律に基づいてするべきだ!と主張してきました。次男は仕事を退職し、第二の人生として飲食店をオープンしたいと願望がありました。その土地を、父が保有していた田んぼを改良して使いたいと考えているようです。

確かに相続は法律に基づき行うべきだという子ども理解はできますが、父親の介護費用や葬儀代も全て我が家からの捻出です。父親からの援助はありません。父親の年金も介護費用に回し足りませんでした。

我が家は、田んぼを一つでも手放すと家計は火の車になります。しかし、父は遺言や公正証書など何も残していないため、どのように手続きを進めて良いのか分かりません。また、父親は生前より長女とその孫を溺愛していたので金銭の援助もしていたと思います。証拠はありませんが、父親の金庫にあった預金証書が見当たりません。私は父親が生前に長女に渡したのではないかと考えています。

しかし、そんなことを問い詰めても本当の事を言う訳がありませんし、どうして良いか分かりません。素人では、手に負えなくなりましたので、弁護士に相談して何とか解決をしたいと考えています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

まずは専任の受付スタッフが丁寧にお話をお伺いいたします

メールお問い合わせ

来所法律相談30分無料・全国対応・24時間・土日祝日受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

専任の受付スタッフが丁寧に承ります

来所法律相談30分無料・全国対応24時間・土日祝日受付

今すぐ電話相談

メールお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

小山市で相続放棄手続きをご検討中の方へ

相続放棄をする前に財産調査・相続順位確認をしましょう

相続財産をきちんと調査しましたか?

相続放棄はやり直せません。故人の借金だけでなく、財産や過払い金が後から出てくる事も…。

しっかり調査して手続きを。

相続人の相続順位の確認を忘れずに

相続放棄は新たな相続人を生み出します。故人の両親や祖父母、ご兄弟とその子や孫にまで影響が及びます。

トラブルを避けるためにもご確認ください

相続放棄の手続きには3か月の期限があります

相続を知ってから3か月が過ぎていない方

相続開始から3か月以内に相続放棄のお手続きをしないと遺産だけでなく、借金も相続することになりますので、急いで手続きが必要です。迅速・確実な相続放棄手続きのために、こちらをご覧ください。

相続を知ってから3か月が過ぎていた方

相続放棄手続きの期限が切れた場合でもノウハウを持った弁護士に依頼することで相続放棄が認められる場合があります。相続放棄手続きの期限が切れた方も、諦めずにまずはこちらをご覧ください。

知っていますか?相続放棄における、弁護士と司法書士の違い

司法書士は「書面作成補助者」として依頼人の行為を代行しているに過ぎないので、書類への記入や裁判所への提出など様々なことを自分でやる必要があります。

忙しいあなたへの「代理人」として、煩わしい手続きをすべて行ってくれるのが弁護士なのです。

大阪法律事務所 所長 弁護士 長田 弘樹

相続放棄のご相談事例

小山市で父が亡くなったが、再婚相手と話したくないため相続放棄したい。

二十代後半、既婚の会社員です。妻は第一子を妊娠中で、出産予定日間近なのですが、先日父が50歳という年齢で急逝いたしました。

父の家族構成ですが、当方が小学生のころに両親が離婚し、父には再婚相手(義母とします)がいます。それから、前妻である当方の母、弟(未婚)、また祖父母である父の実両親は二人とも存命です。父は父自身の地元である小山市を出ることなく、病院で亡くなりました。

公務員で実直な人ではあったため、おそらく資産運用等はしておらず、資産と呼べるものは義母と一緒に暮らしている小山市の家くらいだと思います。当方は、自分たち兄弟がまだ幼いころに母と離婚した父がはっきり言って好きではありません。

また、不倫などではなかったですが、そんな父と再婚した義母も好きではありません。そのため、相続に関する話し合いの場を持ちたくないですし、すでにいない父に対して、何かしたいとも思いません。父の残した資産を母が喜んで受け取るとも思いません。つまり相続放棄をしたいと考えています。

ただ、いくら関わり合いになりたくないといっても、父と義母の間に子供はおらず、当方が長子(長男)のため、相続放棄をすることは可能なのかがわかりません。また例えばですが、いつかは義母も亡くなります、そうなると小山市の家はいま相続放棄をしても、いつかまた相続の話をする必要があるのでしょうか。そうであれば今相続放棄するべきなのかどうか悩んでいます。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。