メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-177-048

24時間受付・年中無休・通話無料

来所法律相談
30無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

新宿区で遺産相続に関するお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALGにご相談下さい

来所法律相談
30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-177-048

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・無料電話
メールでお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

遺産相続のご相談は
弁護士法人ALGにお任せください

  • 全国対応

    遠方に住む相続人
    がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

年間累計反響件数

年間累計反響件数

年間相談件数()の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。 ※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

弁護士法人ALGへのご依頼後は、お客様が煩雑な手続きをする必要は
一切ありません!

遺産相続のご相談事例

妹の子供との相続について、どう分けたらいいのか教えてください。

新宿区に住む60歳代後半の男性です。母親はすでに他界しており、父は新宿区の施設に入所していたのですが、この度旅立ってしまいました。私には妹がいたのですが、若くしてすでに他界しています。

母が他界したときには、父の意向で妹の子どもに少し現金を渡したようです。私もそのとき、父の意向で少し現金をもらいました。

今回悩んでいるのは、その父が他界して、父の住んでいた新宿区の家と土地、そしていくばくかの株券や現金の相続問題が発生したからです。妹の子どもは、母が他界したときにはまだ子どもでしたので、私の父の意向でいくばくかの現金を渡したことに対して特に何も言いませんでした。ところが、妹の子どもも現在成人し、それぞれ独立をしているものですから、先日の四十九日の法要に来た時に、遺産相続の権利について話を持ち出しました。自分たちには、代わりに父の遺産を相続する権利があるというわけです。でも、新宿区の家屋や土地はもらっても仕方ないからお金をくれ、というのです。

はっきりいって、私も実家の家屋や土地をもらっても、活用のしようがありません。なぜなら、私の実家のまわりは、私の親族ばかりで、しかも、軽自動車1台が通るような狭い私道のなかに家があるので、いわば、評価額以下の価値しかないと思われるような土地なのです。もちろん、家屋も古いですし。

妹の子どもたちに、多少なりとも、お金を分けてやりたいとは思いますが、父親の葬儀のお金も必要ですし、そうしたものを支払うと、父親の株券や現金などは、ほぼなくなると思うのです。

となると、私が家と土地を相続して、妹の子どもたちに、私の自腹のお金を分けないといけない、という事になるのでしょうか?弁護士の先生、教えてください。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

まずは専任の受付スタッフが丁寧にお話をお伺いいたします

メールお問い合わせ

来所法律相談30分無料・全国対応・24時間・土日祝日受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

専任の受付スタッフが丁寧に承ります

来所法律相談30分無料・全国対応24時間・土日祝日受付

今すぐ電話相談

メールお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

新宿区で相続放棄手続きをご検討中の方へ

相続放棄をする前に財産調査・相続順位確認をしましょう

相続財産をきちんと調査しましたか?

相続放棄はやり直せません。故人の借金だけでなく、財産や過払い金が後から出てくる事も…。

しっかり調査して手続きを。

相続人の相続順位の確認を忘れずに

相続放棄は新たな相続人を生み出します。故人の両親や祖父母、ご兄弟とその子や孫にまで影響が及びます。

トラブルを避けるためにもご確認ください

相続放棄の手続きには3か月の期限があります

相続を知ってから3か月が過ぎていない方

相続開始から3か月以内に相続放棄のお手続きをしないと遺産だけでなく、借金も相続することになりますので、急いで手続きが必要です。迅速・確実な相続放棄手続きのために、こちらをご覧ください。

相続を知ってから3か月が過ぎていた方

相続放棄手続きの期限が切れた場合でもノウハウを持った弁護士に依頼することで相続放棄が認められる場合があります。相続放棄手続きの期限が切れた方も、諦めずにまずはこちらをご覧ください。

知っていますか?相続放棄における、弁護士と司法書士の違い

司法書士は「書面作成補助者」として依頼人の行為を代行しているに過ぎないので、書類への記入や裁判所への提出など様々なことを自分でやる必要があります。

忙しいあなたへの「代理人」として、煩わしい手続きをすべて行ってくれるのが弁護士なのです。

大阪法律事務所 所長 弁護士 長田 弘樹

相続放棄のご相談事例

疎遠だった父が亡くなって5ヶ月経つのですが、相続放棄できるでしょうか?

会社経営者です。会社と言っても仲間と立ち上げた小規模なベンチャー企業で、従業員も私と友人のほか1名だけの会社です。

私の両親は私が小学校の時に離婚し、母のもとで育って父とは小学校以来一度もあったことがありませんでした。そんな父が亡くなっていた事を、父の住む新宿区の自治体からの通知によって知りました。

父の実の子供は私だけなので、たとえ何年も会っていなくても私が相続人であることには変わりありません。けれど実際には父とは音信不通だったため亡くなった事実はその通知を受け取るまで知る由もありませんでした。

自治体からの通知というのは、父が所有していた新宿区の家と土地の固定資産税の納税に関するものでした。唯一の相続人として私にこのような通知が届いたことで図らずも父の死を知ったのですが、父名義の資産にそれほど大きな価値があるとも思えず、相続放棄をしたいと考えています。

ただ、相続放棄を選択するにあたっては期限がある事が判明し、父が亡くなってもう5か月も経過していることから、はたして相続放棄が可能なのかわからず困っています。自分としては相続放棄をしたいと考えているのですが、それによってどんな影響があるのかも実はよくわからないので、専門の弁護士に相談してみたいと思っています。気持ちの整理をつけたいとは思っていますが、ただ感情的に相続放棄を決めてしまい、後になって後悔するようなことになるのはどうしても避けたいです。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。