メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-177-048

24時間受付・年中無休・通話無料

来所法律相談
30無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

和歌山市で遺産相続に関するお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALGにご相談下さい

来所法律相談
30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-177-048

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・無料電話
メールでお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

遺産相続のご相談は
弁護士法人ALGにお任せください

  • 全国対応

    遠方に住む相続人
    がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

年間累計反響件数

年間累計反響件数

年間相談件数()の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。 ※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

弁護士法人ALGへのご依頼後は、お客様が煩雑な手続きをする必要は
一切ありません!

遺産相続のご相談事例

和歌山市の義父の葬儀に疎遠だった義姉が現れて相続をせかしてきました。

39歳のパート主婦女性です。夫は35歳、会社員で子どもはいません。

夫の実家は和歌山市ですぐ近くです。夫の両親とはこれまで仲良くやってきたと思いますが、先日義父が脳溢血を起こし、搬送先の和歌山市の病院で亡くなりました。退職はしていたものの67歳と若く、まだまだ元気だったので残念です。

意気消沈してがっくりきている義母を気遣いながら、身内中心の葬儀が行われました。夫は、「姉に連絡がつかない」とやきもきしていました。

夫には私と同い年の姉がいますが、20代で海外へ留学してそのまま現地人と結婚しています。ここの所は疎遠になっていて、一時帰国することも滅多になく、しても和歌山市の実家に寄ったり夫に会いに来たりすることも稀有でした。

固定電話を置かない主義だとかで、こちらからの連絡手段はEメールしかありません。夫はもちろん早急にメールを打ちましたが、返信がないまま、夫は焦燥していきました。

そうして告別式が終わるあたりで、ようやく義姉が到着したのですが、初めは私も夫も、義母すらも誰だかわからなかったほどの変容ぶり。それもそのはずで、数年のうちに欧米人風の整形手術を施していたのです。「向こうでは全く話す機会がないもので」と、日本語も妙な感じになっていました。

そのたどたどしい妙な話し方で、「遺産相続は…」と率直に話し始めました。自分は長いこと日本にはいられないので、速やかに自分の配当分をもらって帰国したい、というのです。「父さんが亡くなったばかりなのに…。本当に、あの優しかった姉ちゃんと同一人物か?」と夫が嘆くほど、義姉は変わり果ててしまっていました。

こんなに性急に事を進めようとするなんて、ありえないと思います。まず本当に本人なのかどうかも疑いがありますし、実の家族でありながら、こんな風に遺産相続をドライに扱う彼女の態度には抵抗しか感じられません。義父はかなりの預貯金を所有していましたが、それを簡単に分けてしまってよいのでしょうか。ここは弁護士の先生を通して、トラブルのない遺産相続を行えるよう、夫と義母に進言したいと思います。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

まずは専任の受付スタッフが丁寧にお話をお伺いいたします

メールお問い合わせ

来所法律相談30分無料・全国対応・24時間・土日祝日受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

専任の受付スタッフが丁寧に承ります

来所法律相談30分無料・全国対応24時間・土日祝日受付

今すぐ電話相談

メールお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

和歌山市で相続放棄手続きをご検討中の方へ

相続放棄をする前に財産調査・相続順位確認をしましょう

相続財産をきちんと調査しましたか?

相続放棄はやり直せません。故人の借金だけでなく、財産や過払い金が後から出てくる事も…。

しっかり調査して手続きを。

相続人の相続順位の確認を忘れずに

相続放棄は新たな相続人を生み出します。故人の両親や祖父母、ご兄弟とその子や孫にまで影響が及びます。

トラブルを避けるためにもご確認ください

相続放棄の手続きには3か月の期限があります

相続を知ってから3か月が過ぎていない方

相続開始から3か月以内に相続放棄のお手続きをしないと遺産だけでなく、借金も相続することになりますので、急いで手続きが必要です。迅速・確実な相続放棄手続きのために、こちらをご覧ください。

相続を知ってから3か月が過ぎていた方

相続放棄手続きの期限が切れた場合でもノウハウを持った弁護士に依頼することで相続放棄が認められる場合があります。相続放棄手続きの期限が切れた方も、諦めずにまずはこちらをご覧ください。

知っていますか?相続放棄における、弁護士と司法書士の違い

司法書士は「書面作成補助者」として依頼人の行為を代行しているに過ぎないので、書類への記入や裁判所への提出など様々なことを自分でやる必要があります。

忙しいあなたへの「代理人」として、煩わしい手続きをすべて行ってくれるのが弁護士なのです。

大阪法律事務所 所長 弁護士 長田 弘樹

相続放棄のご相談事例

和歌山市に住む大学時代の後輩から、実家の居酒屋を相続すべきか、相続放棄すべきか相談されています。

私の大学時代のサークルの後輩が和歌山市に家族で暮らしています。

女性の後輩なのですが、性格は男性のようにしっかりとしており40歳近くになっても、未だ独身で家業を手伝っています。家業は居酒屋で、地元にいくつか店舗を経営しているのです。

しかし、最近になってから、お父さんが身体を壊して入院をしてしまったのです。末期の肝臓ガンでした。それから、1年の闘病生活の末に看病や治療も虚しく他界されたのでした。

ここで出てきたのが、居酒屋の相続です。彼女が一人娘でもあったことから、普通であれば、彼女が相続すべきなのですが、実は店舗の半分が赤字なのです。残り半分の店舗は何とか黒字経営をしているものの、トータルでは赤字とのこと。しかも、和歌山市にも全国チェーンの居酒屋が多数進出してきており、競争も年々激しさを増してきており、このままでは黒字の店舗も立ちいかなくなって行くことは、目に見えているのです。

彼女は続けるべきか、それとも今のうちに相続放棄をしてでも、負債の最小限に留めていくか悩んでいました。このようなことから、数年ぶりに私に相談の連絡が入ったのです。私も数ヶ月に一度は仕事の関係で、和歌山市に出張することがあるのですが、たまたま連絡が入った次の週に行くことがあり、後輩と会いました。そこでお店の現状も聞かせてもらい、最終的に和歌山市で対応する弁護士の先生に相談することを勧めました。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。