メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-177-048

24時間受付・年中無休・通話無料

来所法律相談
30無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

鳥取市で遺産相続に関するお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALGにご相談下さい

来所法律相談
30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-177-048

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・無料電話
メールでお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

遺産相続のご相談は
弁護士法人ALGにお任せください

  • 全国対応

    遠方に住む相続人
    がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

年間累計反響件数

年間累計反響件数

年間相談件数()の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。 ※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

弁護士法人ALGへのご依頼後は、お客様が煩雑な手続きをする必要は
一切ありません!

遺産相続のご相談事例

鳥取市で父が遺言書を残し急逝したのですが、遺言書の通りに相続しなければいけないのでしょうか?

37歳の女性会社員、シングルマザーです。2年前に元夫と離婚し、8歳になる娘を連れて鳥取市の実家に出戻りました。以来、両親・娘と4人暮らしです。

64歳の父は地元企業の会社役員ですが、若い頃からずっと趣味のマラソンにのめり込んでいます。仕事以外の時間はほぼ地元アスリートクラブで活動をしており、小さい頃から週末も連休も父が家に不在なのは当たり前、と言う環境でした。母は結婚当初からあきらめていたようですが、中年に差し掛かった後は「何だかんだで、お父さんの健康維持につながっているなら…」と黙認していたのです。

ところが、その父が先日、クラブ仲間とのトレーニング中に意識を失って倒れてしまいました。救急車で鳥取市内の病院に運ばれましたが、心筋梗塞であっけなくそのまま亡くなりました。

お通夜・告別式ともに、クラブの人たちや陸上・マラソン関係者が数多く弔問に訪れて下さいました。親しかったチームメイトなどは手伝いもよくしてくれ、私としては本当に助けられた、という感があります。

ですが式典が一通り済み、父の残した遺言を開ける段になると、母は苦渋の表情を濃くしました。父はいくらかの土地・マンションを鳥取市内に所有し、預金口座にはそれなりのお金が残っていたのですが、これらの遺産のうちから何割かを、所属していたクラブに「寄贈」するようにと書いてあったのです。

「これまでの人生、私はお父さんの時間をクラブとシェアしなければいけなかった。それに長い間耐えてきて、クラブの活動中にお父さんを死なされてまで、まだ遺産を分けなければいけないの?」と言い、はらはらと涙をこぼすのです。

父の遺志を尊重しなければいけないことはわかっていますが、母の言い分も最もだと思えます。この遺言書についてはまだ他の誰にも言っていないのですが、やはり弁護士の先生に相談して、一番丸くおさまりそうな相続の方法を考えてみたいと思います。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

まずは専任の受付スタッフが丁寧にお話をお伺いいたします

メールお問い合わせ

来所法律相談30分無料・全国対応・24時間・土日祝日受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

専任の受付スタッフが丁寧に承ります

来所法律相談30分無料・全国対応24時間・土日祝日受付

今すぐ電話相談

メールお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

鳥取市で相続放棄手続きをご検討中の方へ

相続放棄をする前に財産調査・相続順位確認をしましょう

相続財産をきちんと調査しましたか?

相続放棄はやり直せません。故人の借金だけでなく、財産や過払い金が後から出てくる事も…。

しっかり調査して手続きを。

相続人の相続順位の確認を忘れずに

相続放棄は新たな相続人を生み出します。故人の両親や祖父母、ご兄弟とその子や孫にまで影響が及びます。

トラブルを避けるためにもご確認ください

相続放棄の手続きには3か月の期限があります

相続を知ってから3か月が過ぎていない方

相続開始から3か月以内に相続放棄のお手続きをしないと遺産だけでなく、借金も相続することになりますので、急いで手続きが必要です。迅速・確実な相続放棄手続きのために、こちらをご覧ください。

相続を知ってから3か月が過ぎていた方

相続放棄手続きの期限が切れた場合でもノウハウを持った弁護士に依頼することで相続放棄が認められる場合があります。相続放棄手続きの期限が切れた方も、諦めずにまずはこちらをご覧ください。

知っていますか?相続放棄における、弁護士と司法書士の違い

司法書士は「書面作成補助者」として依頼人の行為を代行しているに過ぎないので、書類への記入や裁判所への提出など様々なことを自分でやる必要があります。

忙しいあなたへの「代理人」として、煩わしい手続きをすべて行ってくれるのが弁護士なのです。

大阪法律事務所 所長 弁護士 長田 弘樹

相続放棄のご相談事例

鳥取市に住む妻の従姉から牧場を相続すべきか相続放棄すべきか相談され、弁護士への相談を勧めました。

鳥取市で牧場経営をしている家庭に嫁いでいった妻の従姉の娘がいます。

私達の子供からすると、はとこに当たる女性なのですが、わが娘や息子が幼い頃から仲が良くて、本当の姉妹のように接していたお嬢さんです。時折、娘や息子、妻にもLINEが入り元気で暮らしている連絡が入ってくるのですが、ほんのひと月前に泣きそうな声で妻に連絡が入ったのです。

それは嫁ぎ先のお義父さんが亡くなったことでした。長年の疲労が蓄積されていたのか、急性心不全での他界でした。その悲しみも消えないうちに、降り掛かってきたのが、牧場の相続です。牧場の経営はかなり厳しく、赤字ではないものの、いつ傾いてもおかしくはない状態ということなのです。

残されたご主人も明晰な人らしく、このまま頑張っても明るい方向に行くことは、とても難しいとの判断をしているようなのです。しかし、長年、父親が頑張ってきた牧場を閉じることは、心情的に辛いことも事実。そのようなことから、妻や私に相談してきたのです。LINEを通して、テレビ電話で、彼女のご主人とも話をしたのですが、確かに冷静な人で、最終的には、相続放棄をするしかないと決めつつありました。

ただ、法的な手続が分からず、どこから着手すべきなのか分からないため、誰か専門的な人を教えて欲しいとのことでもあったのです。心当たりがいないため調べたところ、弁護士に手続きを依頼できると書いてあったので、彼女に鳥取市で対応する弁護士への相談を勧めました。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。