メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-177-048

24時間受付・年中無休・通話無料

来所法律相談
30無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

大阪市此花区で遺産相続に関するお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALGにご相談下さい

来所法律相談
30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-177-048

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・無料電話
メールでお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

遺産相続のご相談は
弁護士法人ALGにお任せください

  • 全国対応

    遠方に住む相続人
    がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

年間累計反響件数

年間累計反響件数

年間相談件数()の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。 ※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

弁護士法人ALGへのご依頼後は、お客様が煩雑な手続きをする必要は
一切ありません!

遺産相続のご相談事例

大阪市此花区の会社の相続権について揉めているので相談したい

地元から大阪市此花区に移り住んでいった兄がいます。兄は、学生時代建築関係を専攻しており、此花区の小さな建築会社に就職をしたのです。幸運にも、社長さんに見染められて、そこの娘さんと結婚。子供にも恵まれて、幸せな家庭を持ち、充実した仕事人生を送っていました。また、誠実な性格は職場の人にも伝わり、歓迎されていたのです。

そのうちに義父である社長さんが亡くなり、会社の経営権の相続の問題が上がったのです。この会社では、兄を社長として迎えてくれる空気があったようですが、意義を唱えてきたのが、社長の息子さんでした。

兄からすると、義兄に当たる人です。息子さんは、大阪市此花区の会社でサラリーマンとして働いており、家族もある独立した生活を営んでいました。どうも、父親の経営している建設関係の仕事を嫌い、実家を飛び出していった経緯もあるようでした。

しかし、財産目当ても含め、経営権の相続を申し立ててきたのです。社長さんも急逝したこともあり、経営権に関する遺言を残していなかったために、もめてしまうことになったのです。

争い事を嫌う兄でしたので、経営権の一部に譲ることも考えていたようですが、兄の奥さんが、納得をせずに弁護士に相談することを決めました。「今まで父親の会社経営の苦労を知らない兄が、ここに来て口を挟むのはおかしい。」という考えです。

公平な判断をするために、弁護士に相談をして、これからのあるべき道を模索したいといっていたので、兄のためにも弁護士を探している最中です。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

まずは専任の受付スタッフが丁寧にお話をお伺いいたします

メールお問い合わせ

来所法律相談30分無料・全国対応・24時間・土日祝日受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

専任の受付スタッフが丁寧に承ります

来所法律相談30分無料・全国対応24時間・土日祝日受付

今すぐ電話相談

メールお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

大阪市此花区で相続放棄手続きをご検討中の方へ

相続放棄をする前に財産調査・相続順位確認をしましょう

相続財産をきちんと調査しましたか?

相続放棄はやり直せません。故人の借金だけでなく、財産や過払い金が後から出てくる事も…。

しっかり調査して手続きを。

相続人の相続順位の確認を忘れずに

相続放棄は新たな相続人を生み出します。故人の両親や祖父母、ご兄弟とその子や孫にまで影響が及びます。

トラブルを避けるためにもご確認ください

相続放棄の手続きには3か月の期限があります

相続を知ってから3か月が過ぎていない方

相続開始から3か月以内に相続放棄のお手続きをしないと遺産だけでなく、借金も相続することになりますので、急いで手続きが必要です。迅速・確実な相続放棄手続きのために、こちらをご覧ください。

相続を知ってから3か月が過ぎていた方

相続放棄手続きの期限が切れた場合でもノウハウを持った弁護士に依頼することで相続放棄が認められる場合があります。相続放棄手続きの期限が切れた方も、諦めずにまずはこちらをご覧ください。

知っていますか?相続放棄における、弁護士と司法書士の違い

司法書士は「書面作成補助者」として依頼人の行為を代行しているに過ぎないので、書類への記入や裁判所への提出など様々なことを自分でやる必要があります。

忙しいあなたへの「代理人」として、煩わしい手続きをすべて行ってくれるのが弁護士なのです。

大阪法律事務所 所長 弁護士 長田 弘樹

相続放棄のご相談事例

父が遺言に残した此花区のビル、兄と争いたくないので相続放棄したい。

私は大阪市で小さな工務店を経営しており、家族と一緒に暮らしています。私の母は既に他界しています。先々月まで父も同居していました。

元々父は此花区でビル経営をしていたのですが、母の逝去に伴い、事業を続ける気力を失い、私達夫婦と同居することになったのです。ビル経営は、今でも兄が行っていますが、兄嫁が父との同居をきらったために、私達の所に来たのです。それでも私の嫁や息子達とは、とても仲が良い関係でした。

しかし、その父が先々月、病に倒れてそのまま亡くなってしまい、相続関係のこじれが出てきたのです。父は此花区のビル資産の半分を私に相続させたいという遺言を残していたからです。私が知らないうちに法的に残していた遺言です。ビル経営をしてきた兄にとっては、面白くない話なのです。この遺言に対して、弁護士を立てて異議を申し立ててきたのです。

私も悩みました。我の強い兄の性格は、幼い頃からあまり好きではなかったものの、争うことはしたくありません。遺産目当てで父と同居していたわけでもなく、これからどのようにしていくべきかを悩んでいました。

その結果、私の頭の中で浮かんだのが、相続放棄です。全く資産に関心が無かったわけではありませんが、私生活では経済的に困っているわけでもありません。そのようなことから、此花区のビルの相続は止めようと思うのです。ただ、具体的にどのような法的手続きをすればいいのか分からず、弁護士の方に相談をしてみようと思っています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。