メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-177-048

24時間受付・年中無休・通話無料

来所法律相談
30無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

京田辺市で遺産相続に関するお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALGにご相談下さい

来所法律相談
30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-177-048

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・無料電話
メールでお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

遺産相続のご相談は
弁護士法人ALGにお任せください

  • 全国対応

    遠方に住む相続人
    がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

年間累計反響件数

年間累計反響件数

年間相談件数()の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。 ※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

弁護士法人ALGへのご依頼後は、お客様が煩雑な手続きをする必要は
一切ありません!

遺産相続のご相談事例

京田辺市で亡くなった夫の前妻の子に相続の連絡を取ったところ、揉めてしまいました。

私は京田辺市に住む主婦です。先日、長年連れ添った夫が82歳でこの世を去りました。

私と夫は再婚同士です。私には子供はいませんでしたが、夫には前の奥さんとの間に2人お子さんがいます。また、私と夫の間にも1人36歳になる娘がいます。娘は結婚し京田辺市を離れて暮らしています。

娘は、私たち夫婦が再婚同士であると言う事も、自分以外に子供がいると言う事も知りませんでした。しかし、相続の話をするにあたり、前の奥さんとの子供にも権利があると言う事で、まずは、娘にその事を告げ、その上で前の奥さんとの子供を探す事にしました。

夫は、私と再婚した後、ほぼ、前の奥さんとの子供とは会っていません。ただ、万が一の為に連絡先は書き留めていた為、そこに連絡し、今後の事を相談したいと申し出たのですが、その対処において、とても困っています。

子供と言っても、50代後半と前半。その為、その二人の勢いが物凄いのです。少しでも多く夫の遺産を受け取ろうと話し合いと言うか、喧嘩腰でかかって来て、本当に困っています。一度、娘の旦那さんに間に入ってもらったのですが、30代と言う若さ。勝てるわけがありませんでした。

このままでは、私が住んでいる京田辺市の家まで、その人たちに持って行かれそうで怖くて仕方がありません。私の事はもちろん、娘にも夫の遺産を満足いくように渡してあげたいと思っています。しかし、このままでは、本当に難しいかと感じています。その為、一度、京田辺市対応の弁護士さんに相談し、どのようにすれば良いのかアドバイスを頂けたらと考えております。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

まずは専任の受付スタッフが丁寧にお話をお伺いいたします

メールお問い合わせ

来所法律相談30分無料・全国対応・24時間・土日祝日受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

専任の受付スタッフが丁寧に承ります

来所法律相談30分無料・全国対応24時間・土日祝日受付

今すぐ電話相談

メールお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

京田辺市で相続放棄手続きをご検討中の方へ

相続放棄をする前に財産調査・相続順位確認をしましょう

相続財産をきちんと調査しましたか?

相続放棄はやり直せません。故人の借金だけでなく、財産や過払い金が後から出てくる事も…。

しっかり調査して手続きを。

相続人の相続順位の確認を忘れずに

相続放棄は新たな相続人を生み出します。故人の両親や祖父母、ご兄弟とその子や孫にまで影響が及びます。

トラブルを避けるためにもご確認ください

相続放棄の手続きには3か月の期限があります

相続を知ってから3か月が過ぎていない方

相続開始から3か月以内に相続放棄のお手続きをしないと遺産だけでなく、借金も相続することになりますので、急いで手続きが必要です。迅速・確実な相続放棄手続きのために、こちらをご覧ください。

相続を知ってから3か月が過ぎていた方

相続放棄手続きの期限が切れた場合でもノウハウを持った弁護士に依頼することで相続放棄が認められる場合があります。相続放棄手続きの期限が切れた方も、諦めずにまずはこちらをご覧ください。

知っていますか?相続放棄における、弁護士と司法書士の違い

司法書士は「書面作成補助者」として依頼人の行為を代行しているに過ぎないので、書類への記入や裁判所への提出など様々なことを自分でやる必要があります。

忙しいあなたへの「代理人」として、煩わしい手続きをすべて行ってくれるのが弁護士なのです。

大阪法律事務所 所長 弁護士 長田 弘樹

相続放棄のご相談事例

京田辺市の義父が亡くなり、妻が相続放棄したいと言っています。

結婚して20年が経ちました。子供も大学に進学して、養育費や学費の負担もあともう少しで終わりです。7年前にサラリーマンを辞めて、今ではIT系の会社を経営しています。小所帯ながらも、業績は決して悪くなく、サラリーマン時代の頃よりは、収入も増えて生活も楽になっています。

唯一の悩みと言えば、妻の実家のことです。妻の実家は京田辺市にあり、昔から畑を人に貸したり、不動産業を営んだりしており、裕福な家庭でした。しかし、数ヵ月前に義父が他界して、遺産相続のことで、揉めているのでした。

妻には3歳上の兄がいるのですが、京田辺市を出てサラリーマンをしています。普段はめったに実家に帰省することや連絡もなく、実質的に親戚としての交流もほとんどないくらいでした。

しかし、今回の義父の他界に伴い、相続の件で、裁判を起こしてきました。それは義父の遺言に対してです。離れているとはいえ、頻繁に義父の面倒を見に時折帰省していた妻。義母や義父を呼び寄せて、同居することも考えていたことから、義父は娘である妻に遺産を相続することで、遺言を残していたのです。

それに異を唱えたのが義兄でした。長男であることでの相続権利があることを主張していたのです。幼い頃から、折り合いの良くない兄妹だったようですが、ここに来て大胆にも、妻は義父の遺産相続を放棄すると考え始めました。

しかし、これは義兄に譲るのではなく、京田辺市の自治体に寄付することです。義母の面倒は私達夫婦が見ることを考えています。義兄に資産を無駄に渡すなら、地元に還元することがいいという判断です。しかし、複雑な手続きが必要かも知れず専門の弁護士に相談をしようと思っています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。