メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-177-048

24時間受付・年中無休・通話無料

来所法律相談
30無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

城陽市で遺産相続に関するお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALGにご相談下さい

来所法律相談
30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-177-048

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・無料電話
メールでお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

遺産相続のご相談は
弁護士法人ALGにお任せください

  • 全国対応

    遠方に住む相続人
    がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

年間累計反響件数

年間累計反響件数

年間相談件数()の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。 ※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

弁護士法人ALGへのご依頼後は、お客様が煩雑な手続きをする必要は
一切ありません!

遺産相続のご相談事例

城陽市の分譲マンションの相続について兄弟で揉めそうなので相談したいです。

城陽市に住んでいて自営業をしています。父は数年前に他界しました。父が亡くなってからは、母が一人で暮らしていました。私には兄が2人いますが、みんな城陽市からそれほど離れていないところに住んでいたので、家族でよく集まることもありました。

母は体調を崩して城陽市の病院に入院をしたあと、回復をしないまま亡くなりました。遺言書などは書いていなかったので、相続をどうするか兄たちと決めなければいけませんでした。

父が亡くなったとき、母は一人で住むには広すぎるからと家や土地を処分しました。そのお金で城陽市の分譲マンションを買って、悠々自適な生活をしていました。マンションは中古で買ったけれど、外装も内装もきれいで母はとても気に入っていたようでした。なので、母が残したものは分譲マンションと貯金になります。

このマンションをどうするかで頭を悩ませています。私は売却して3人で分ければいいなと思っていましたが、兄たちは自分で住んだり、人に貸して家賃収入を期待したりとマンション自体を相続したいようです。今はまだ話し合いが出来ているけれど、どちらが相続するかで本当にもめだしたらどうしようかと思っています。

相続するにしてもマンションと一戸建ての相続では、何か違いがあるのかも気になります。分譲マンションの場合どう相続すればよいのか、マンションのまま相続するのか売却したほうが良いのか、弁護士さんにアドバイスをしてもらって参考にしたいです。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

まずは専任の受付スタッフが丁寧にお話をお伺いいたします

メールお問い合わせ

来所法律相談30分無料・全国対応・24時間・土日祝日受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

専任の受付スタッフが丁寧に承ります

来所法律相談30分無料・全国対応24時間・土日祝日受付

今すぐ電話相談

メールお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

城陽市で相続放棄手続きをご検討中の方へ

相続放棄をする前に財産調査・相続順位確認をしましょう

相続財産をきちんと調査しましたか?

相続放棄はやり直せません。故人の借金だけでなく、財産や過払い金が後から出てくる事も…。

しっかり調査して手続きを。

相続人の相続順位の確認を忘れずに

相続放棄は新たな相続人を生み出します。故人の両親や祖父母、ご兄弟とその子や孫にまで影響が及びます。

トラブルを避けるためにもご確認ください

相続放棄の手続きには3か月の期限があります

相続を知ってから3か月が過ぎていない方

相続開始から3か月以内に相続放棄のお手続きをしないと遺産だけでなく、借金も相続することになりますので、急いで手続きが必要です。迅速・確実な相続放棄手続きのために、こちらをご覧ください。

相続を知ってから3か月が過ぎていた方

相続放棄手続きの期限が切れた場合でもノウハウを持った弁護士に依頼することで相続放棄が認められる場合があります。相続放棄手続きの期限が切れた方も、諦めずにまずはこちらをご覧ください。

知っていますか?相続放棄における、弁護士と司法書士の違い

司法書士は「書面作成補助者」として依頼人の行為を代行しているに過ぎないので、書類への記入や裁判所への提出など様々なことを自分でやる必要があります。

忙しいあなたへの「代理人」として、煩わしい手続きをすべて行ってくれるのが弁護士なのです。

大阪法律事務所 所長 弁護士 長田 弘樹

相続放棄のご相談事例

城陽市で父が亡くなりましたが、相続税が大きくなるため、相続放棄の手続きをお願いしたいです。

40歳後半の男性です。住み始めて10年以上経ちますが、今はここでIT系の会社を立ち上げています。それまではサラリーマンで家族共々転勤で全国を数年おきに転々としていたのですが、今はその心配もなく、腰を落ち着けています。

気がかりは城陽市にいる父のことでした。母を7年前に無くして、1人暮らしをしています。年齢は81歳。いつ体調が悪くなっても不思議ではない年齢です。そんな父も先月、倒れて城陽市内の病院に運ばれました。

連絡は、嫁いでいった妹からです。連絡を受けたその日に早めに仕事を終えて、城陽市に飛んだのですが、それも間に合わず亡き父との対面となったのでした。ある程度は、予想していたこととはいえ、やはりショッキングなことではあります。葬儀も慌ただしく終えました。

頭を悩ませたのは、その後の遺産相続のことでした。父は城陽市で色んな事業を手掛けていました。特に不動産関係の仕事を持っており、多くの資産を残していたのです。相続は妹と私になるのですが、相続税がとても大きくなることや、実家に戻る予定がないために、もはや家も相続する意味がありません。妹と話し合い、相続を放置しようかと考えているところです。

ただ、城陽市には頻繁に行くことができないために、地元の弁護士の先生に相続放棄の手続きをお願いして、諸々の悩みを解決させようかと思っているところです。どうしても遠距離となってしまうので、弁護士さんにお願いするしかありません。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。