メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-177-048

24時間受付・年中無休・通話無料

来所法律相談
30無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

東大阪市で遺産相続に関するお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALGにご相談下さい

来所法律相談
30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-177-048

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・無料電話
メールでお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

遺産相続のご相談は
弁護士法人ALGにお任せください

  • 全国対応

    遠方に住む相続人
    がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

年間累計反響件数

年間累計反響件数

年間相談件数()の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。 ※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

弁護士法人ALGへのご依頼後は、お客様が煩雑な手続きをする必要は
一切ありません!

遺産相続のご相談事例

東大阪市で父が亡くなったが、弟2人がそれぞれ父のお金を使っていた

先々月に東大阪市内に住む父が亡くなりました。母は既に他界しており、子供は私と弟が2人です。相続人は私を含めた3人となります。父は東大阪市内で会社勤めをしていたのですが死亡時には定年していました。父の財産は退職金も含んだ銀行預金、そして父が一人暮らししていた東大阪市内の家と土地があります。また勤めていた会社の株を少しもっていたようです。どうやら借金はなかったようです。

正式な遺産分割協議は葬式などでバタバタしていてできていません。とはいえ弟2人と軽く相続について話しました。そうすると弟2人はきっちり3等分してほしいとのことでした。しかしながら生前、相続人の一人である上の弟は経営している会社の赤字がひどいということで父から資金提供を受けていました。数百万円と聞いています。借金という形にはせずに贈与したそうです。そうすると、そのことを考慮してもらわないと不公平だと思います。すなわち上の弟の取り分を少なくしてほしいということです。しかしそのことを主張すると角が立つので今の時点では主張していません。

亡くなった父は去年くらいから東大阪市内の病院へ入院していたのですが、下の弟は頻繁にお見舞いしていました。身の回りの世話もしてくれていたようですが、父に無断で父の口座からお金を複数回おろしていたようです。そのことは下の弟の嫁と仲のいいうちの嫁が教えてくれました。今の時点でどこに通帳などがあるかはわかりません。しかしそのことも考慮してもらわないと不公平と思います。 自分一人では手におえないので東大阪市で対応してくれる弁護士に相談しようと思います。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

まずは専任の受付スタッフが丁寧にお話をお伺いいたします

メールお問い合わせ

来所法律相談30分無料・全国対応・24時間・土日祝日受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

専任の受付スタッフが丁寧に承ります

来所法律相談30分無料・全国対応24時間・土日祝日受付

今すぐ電話相談

メールお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

東大阪市で相続放棄手続きをご検討中の方へ

相続放棄をする前に財産調査・相続順位確認をしましょう

相続財産をきちんと調査しましたか?

相続放棄はやり直せません。故人の借金だけでなく、財産や過払い金が後から出てくる事も…。

しっかり調査して手続きを。

相続人の相続順位の確認を忘れずに

相続放棄は新たな相続人を生み出します。故人の両親や祖父母、ご兄弟とその子や孫にまで影響が及びます。

トラブルを避けるためにもご確認ください

相続放棄の手続きには3か月の期限があります

相続を知ってから3か月が過ぎていない方

相続開始から3か月以内に相続放棄のお手続きをしないと遺産だけでなく、借金も相続することになりますので、急いで手続きが必要です。迅速・確実な相続放棄手続きのために、こちらをご覧ください。

相続を知ってから3か月が過ぎていた方

相続放棄手続きの期限が切れた場合でもノウハウを持った弁護士に依頼することで相続放棄が認められる場合があります。相続放棄手続きの期限が切れた方も、諦めずにまずはこちらをご覧ください。

知っていますか?相続放棄における、弁護士と司法書士の違い

司法書士は「書面作成補助者」として依頼人の行為を代行しているに過ぎないので、書類への記入や裁判所への提出など様々なことを自分でやる必要があります。

忙しいあなたへの「代理人」として、煩わしい手続きをすべて行ってくれるのが弁護士なのです。

大阪法律事務所 所長 弁護士 長田 弘樹

相続放棄のご相談事例

東大阪市で兄が遺言を残して亡くなりましたが、甥のために相続放棄したいと考えています。

実家を飛び出すように出ていった兄。今、何処で何をしているのか、全く分からないまま20年が過ぎました。

私は実家に残り、父が残した果樹園を引き継ぎ経営しています。平凡な毎日ですが、妻や息子、娘と母の5人で頑張っています。そんなささやかな生活の中で、いつの間にか兄のことも忘却の彼方へ行っていたのです。

しかし、その忘れていた記憶を呼び覚ますように、激しいまでの連絡が入ったのです。それは東大阪市で暮らす、兄の息子と名乗る男性からでした。彼の話では、父親である兄が亡くなったので、葬儀に出て欲しいということでした。いきなりの電話だったので、頭の中で整理することに時間がかかりましたが、この男性の話だと兄は東大阪市でデザイン関係の会社を起こして、かなり成功していたようです。しかし、数日前に突然、倒れて亡くなったのでした。

私は、すぐに東大阪市まで飛んでいき、甥にもあったのですが、兄の遺言では、自分の築いた資産の一部を私に相続させるようになっていたのです。甥の話だと、実家の仕事を引き継いだ私へのせめてもの償いということだったのです。

しかし、残された甥は、すでに母親も数年前に他界しており、父である兄も亡くして私達の家族を除くと天涯孤独なのでした。まだ、18歳の青年にいきなり社会で働けということは、あまりにも酷なことです。不憫なこともあり、取り敢えず私が受け継ぐ兄の遺産は放棄して甥に全てを任せることにしたのです。ですが、未成年の青年にこのような話をしても、とても難しいことでもあると思いました。

そのようなことから、弁護士をお願いをして、相続放棄の手続きと、甥の保護者になることも相談したいと考えているところです。消息を断って何処にいるか分からなかったのですが、甥の顔を見ていると、兄の面影が残っており、とても懐かしくもあり、何とか彼を支えてやりたいという思いで一杯です。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。