メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-177-048

24時間受付・年中無休・通話無料

来所法律相談
30無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

山県市で遺産相続に関するお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALGにご相談下さい

来所法律相談
30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-177-048

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・無料電話
メールでお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

遺産相続のご相談は
弁護士法人ALGにお任せください

  • 全国対応

    遠方に住む相続人
    がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

年間累計反響件数

年間累計反響件数

年間相談件数()の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。 ※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

弁護士法人ALGへのご依頼後は、お客様が煩雑な手続きをする必要は
一切ありません!

遺産相続のご相談事例

小さいころに離婚した母が山県市で亡くなったのですが、遺産相続を受けてもいいのでしょうか?

19歳の専門学校生(女性)です。両親は小さい頃に離婚し、父(47歳)と祖母(68歳)との3人暮らしです。

離婚の原因は母の浮気だったと聞いていますが、私は快活な祖母に育てられて、割と幸せでした。父は長距離トラック運転手なので数日に一度くらいしか会えないのですが、私のために一生懸命働いて、節約もしてくれているのがよくわかります。

実母については、一応再婚して山県市に住んでいるらしいことは知っていました。祖母によると、離婚後毎月、数千円ではあるが養育費を振り込み続けてきているので、悪い人ではないし恨んでもいけない、と言われ続けてきました。

ところが、その実母が先日乳がんで亡くなった…という連絡が入ったのです。まだ49歳の若さでしたが、1年ほど山県市の病院に入院していたそうです。

祖母と一緒に、山県市で行われた告別式には間に合いましたが、飾られている遺影は何となく自分に似た面影があるものの、知らない年配女性という感覚しかもてませんでした。ですがその後、実母の再婚相手であるKさんという男性から改まった連絡がありました。「妻が、あなたに預金の一部を遺産として相続するよう、遺言を残していました」というのです。

実母は父と離婚後、再婚してKさんとの間に2人の子どもをもうけたのちもずっと会社勤めをしており、私にあてた毎月の養育費の他に、専用の口座を作ってこつこつ貯金をしていたと言うのです。

「本来なら、あなたが結婚する時に費用として使ってもらおうと思っていたようです」とKさんに言われ、頭が混乱してきました。私にとって、実母は本当に他人でしかなく、ここまで言われてもよくピンと来ないのです。

血のつながりがあるとは言え、今まで何も言ってこなかった、かかわりを持ってこなかった人から、遺産相続を受けてもいいものなのでしょうか?知識も経験も全くなく、祖母もよくわからないということなので、やはり弁護士の先生に相談してみたい、と思っています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

まずは専任の受付スタッフが丁寧にお話をお伺いいたします

メールお問い合わせ

来所法律相談30分無料・全国対応・24時間・土日祝日受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

専任の受付スタッフが丁寧に承ります

来所法律相談30分無料・全国対応24時間・土日祝日受付

今すぐ電話相談

メールお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

山県市で相続放棄手続きをご検討中の方へ

相続放棄をする前に財産調査・相続順位確認をしましょう

相続財産をきちんと調査しましたか?

相続放棄はやり直せません。故人の借金だけでなく、財産や過払い金が後から出てくる事も…。

しっかり調査して手続きを。

相続人の相続順位の確認を忘れずに

相続放棄は新たな相続人を生み出します。故人の両親や祖父母、ご兄弟とその子や孫にまで影響が及びます。

トラブルを避けるためにもご確認ください

相続放棄の手続きには3か月の期限があります

相続を知ってから3か月が過ぎていない方

相続開始から3か月以内に相続放棄のお手続きをしないと遺産だけでなく、借金も相続することになりますので、急いで手続きが必要です。迅速・確実な相続放棄手続きのために、こちらをご覧ください。

相続を知ってから3か月が過ぎていた方

相続放棄手続きの期限が切れた場合でもノウハウを持った弁護士に依頼することで相続放棄が認められる場合があります。相続放棄手続きの期限が切れた方も、諦めずにまずはこちらをご覧ください。

知っていますか?相続放棄における、弁護士と司法書士の違い

司法書士は「書面作成補助者」として依頼人の行為を代行しているに過ぎないので、書類への記入や裁判所への提出など様々なことを自分でやる必要があります。

忙しいあなたへの「代理人」として、煩わしい手続きをすべて行ってくれるのが弁護士なのです。

大阪法律事務所 所長 弁護士 長田 弘樹

相続放棄のご相談事例

山県市で次女が亡くなったのですが、ローンがあるため相続放棄してほしいと言われています。

妻と一緒に農業を営んでいる、56歳の男性です。30歳と27歳の娘が二人おり、長女はごく近所に嫁いで、うちに農業手伝いのパートに来ています。次女は進学後、山県市の会社員と結婚しました。

次女は子どもの頃から、少し芸術肌というか夢を見ているような性格でした。アーティストになりたいと言って、私たちの反対を押し切り、美術系専門学校に進学しました。ところが学校にはろくに通わず、変な仲間たちとつるんで(私の目からみれば)かなり退廃的な生活を送っているようでした。やがて23歳でいきなり、結婚すると言われて仰天しました。

結婚式も行わず、私たちにはまとまった額のお金だけを用意させて、次女は夫と山県市で新生活を始めました。ですが便りも電話もほとんどありません。「いったい次女は何を考えているのだろう。私たち親や実家を毛嫌いして、自ら縁を切りたいように思える…」と妻はぼやいていました。

ところが先日、その次女の訃報が飛び込んできました。長女とともに山県市の次女宅へ向かうと、夫の家族の手ですでに葬儀が整えられている状態でした。ようやく受けた説明によれば、次女はどうも服薬自殺をしてしまったようなのです。結婚後からひどいうつに悩まされており、心療内科に通院するなどしていたのです。

こういった事情を全く知らされていなかった私たちは大ショックで、長女とふたりで茫然としてしまいました。次女の夫は淡々とした表情で、「彼女はたまにバイトをしていたくらいで、彼女名義の預金や財産はほとんどありません。負債については、ショッピングローンが少々ありますが、それは私が処理しますので…。」と言いました。形見分けの品はいずれ送るが、それ以外については相続放棄の手続きをしてもらいたい…ということでした。

次女の遺志が全くわからないので、私たち実家側は何も言えない状態です。ここはやはり夫の意見に従い、私たちは相続放棄をするべきなのでしょうか?弁護士の先生に相談したいです。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。