メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-177-048

24時間受付・年中無休・通話無料

来所法律相談
30無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

田原市で遺産相続に関するお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALGにご相談下さい

来所法律相談
30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-177-048

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・無料電話
メールでお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

遺産相続のご相談は
弁護士法人ALGにお任せください

  • 全国対応

    遠方に住む相続人
    がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

年間累計反響件数

年間累計反響件数

年間相談件数()の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。 ※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

弁護士法人ALGへのご依頼後は、お客様が煩雑な手続きをする必要は
一切ありません!

遺産相続のご相談事例

田原市で亡くなった父の遺言には兄と孫(自分の息子)に相続させると記載がありました。

私は、田原市在住の45歳の会社員です。

田原市内の飲食店のエリアマネージャーをしています。家族は同じく田原市内に住む父親と兄がいます。それと、過去に離婚した妻との間に1人息子がおり、すでに成人しています。

先日、父親が亡くなりました。お恥ずかしいことですが、かつて私の浮気が原因で妻と離婚してしまい、そのことを知った父親は激怒。縁を切られたような状態になってしまい、それから父親が亡くなるまで一度も会うことはかなわず、父の様子は兄を通して知ることしかできませんでした。

兄から父親が遺言状を遺していると聞き、田原市内の実家に戻りました。そこには、離婚した妻と息子の姿もありました。気まずい中、兄が遺言状を開くと、中には「長男(つまり兄です)と、孫(息子です)が自分の財産を半分ずつ相続する。次男(私です)は一切相続してはならない」という衝撃の言葉が書いてありました。

私がもらえないというのは仕方ありません。しかし、その代わりに息子が受け取るというのが複雑な心境なのです。元妻からは、もちろん文句なんて言える立場ではないでしょう?という風に言われ、なんだかとてもみじめになってしまいました。法律的には、いくらか私が財産を受け取る方法もあるようですが、まるで実の息子と争いをするようで私1人では耐えられません。しかし、少しでももらえる可能性があるのならこのまま泣き寝入りするのも嫌だ、という心境です。

できるだけ穏便に済ませたいので、プロである田原市で対応する弁護士さんに相談して話を進めていきたいと思っています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

まずは専任の受付スタッフが丁寧にお話をお伺いいたします

メールお問い合わせ

来所法律相談30分無料・全国対応・24時間・土日祝日受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

専任の受付スタッフが丁寧に承ります

来所法律相談30分無料・全国対応24時間・土日祝日受付

今すぐ電話相談

メールお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

田原市で相続放棄手続きをご検討中の方へ

相続放棄をする前に財産調査・相続順位確認をしましょう

相続財産をきちんと調査しましたか?

相続放棄はやり直せません。故人の借金だけでなく、財産や過払い金が後から出てくる事も…。

しっかり調査して手続きを。

相続人の相続順位の確認を忘れずに

相続放棄は新たな相続人を生み出します。故人の両親や祖父母、ご兄弟とその子や孫にまで影響が及びます。

トラブルを避けるためにもご確認ください

相続放棄の手続きには3か月の期限があります

相続を知ってから3か月が過ぎていない方

相続開始から3か月以内に相続放棄のお手続きをしないと遺産だけでなく、借金も相続することになりますので、急いで手続きが必要です。迅速・確実な相続放棄手続きのために、こちらをご覧ください。

相続を知ってから3か月が過ぎていた方

相続放棄手続きの期限が切れた場合でもノウハウを持った弁護士に依頼することで相続放棄が認められる場合があります。相続放棄手続きの期限が切れた方も、諦めずにまずはこちらをご覧ください。

知っていますか?相続放棄における、弁護士と司法書士の違い

司法書士は「書面作成補助者」として依頼人の行為を代行しているに過ぎないので、書類への記入や裁判所への提出など様々なことを自分でやる必要があります。

忙しいあなたへの「代理人」として、煩わしい手続きをすべて行ってくれるのが弁護士なのです。

大阪法律事務所 所長 弁護士 長田 弘樹

相続放棄のご相談事例

亡くなった父の再婚相手の継母との関係が疎遠なため、相続放棄しようとおもいます。

私は田原市で暮らす会社員です。

高校を卒業後、実家を出て10年以上田原市で暮らしています。私が実家を出てから実家に帰ったのは、先日の父の葬儀がはじめて。そんな関係です。その理由は、継母との関係です。

私は幼い頃、母親を亡くし、その後、中学に入学する頃まで祖母と父に育てられました。その後、父が再婚し、祖母の家を出て父と継母と暮らすようになりました。思春期だった私は父の再婚に納得がいかず、結局、月の半分以上を祖母の家で暮らすといった日々を送っていました。その後、祖母もなくなり、実家を離れるため、田原市に来た感じです。

そんな中、父が亡くなったという知らせを叔母から受け、けじめとして、葬儀ぐらいはと参列する事にしました。10年ぶりの実家。敷居が高いような感じもしましたが、私ももう子供ではありません。社会人として継母に挨拶をするつもりでいたのですが、継母の方は昔と全く変わらない態度で私の事を突き放しました。

それでも、葬儀だけは参列し、帰宅しようとした際、どこからか、「あの子、財産目当てで戻って来たのでは?」という声が聞こえてきたのです。振り返ると継母の親戚がそう話していました。それを聞いた私は、意地でも父の遺産を相続したくないと考えています。

父の遺産と言っても、実家の家と土地。そして、多少の預貯金のみだと考えられます。そんな遺産を少しもらうだけで、肩身の狭い思いをするぐらいなら、相続放棄の手続きを行った方がさっぱりします。だからと言って、その事を継母に告げることさえ面倒に感じるため、これらの手続きをすべて田原市で対応してくれる弁護士に依頼したいと考えています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。