メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-177-048

24時間受付・年中無休・通話無料

来所法律相談
30無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

鈴鹿市で遺産相続に関するお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALGにご相談下さい

来所法律相談
30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-177-048

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・無料電話
メールでお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

遺産相続のご相談は
弁護士法人ALGにお任せください

  • 全国対応

    遠方に住む相続人
    がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

年間累計反響件数

年間累計反響件数

年間相談件数()の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。 ※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

弁護士法人ALGへのご依頼後は、お客様が煩雑な手続きをする必要は
一切ありません!

遺産相続のご相談事例

鈴鹿市の畑の相続についてどうしたらいいのかわからないので相談したいです。

自営業をしています。親は鈴鹿市で農業を営んでいました。私には妹が一人いますが、結婚して鈴鹿市を出ています。私が子供の頃は、親戚と一緒に田んぼでお米を作ったり、色々な野菜を作ったりしていましたが、しだいに農業から離れる人も増えて、私も妹も農家を継ぎませんでした。

農業をする人が少なくなったので、少しずつ作物を作る土地も減らしていきました。両親も高齢になってきたので、最近は自分たちで食べる分を作るぐらいだったようです。そして、父が亡くなり相続の問題が起こりました。

相続するのは私と母と妹になると思いますが、残された畑や田んぼをどうすればよいのか困っています。母はまだ元気ですし、鈴鹿市を離れるつもりはないそうです。そして、畑仕事も好きなので続けたいと言っています。好きなことを続けるのは良いことですし、母がそうしたいなら家もそのままにして住んでもらえればと思います。妹も賛成しています。

畑は今までよりもずっと小さいものになりますが、畑も残したいと思います。ただ、しだいに使わなくなった田んぼやいくつかある畑の土地がそのまま何年も放置されています。こういう農地の相続はどうすればよいのか分からなくて困っています。

普通の土地とは相続の仕方も違うのでしょうか。誰も使うことはないので、できれば売って母と妹とそのお金を分けることが出来ればいいなと思っています。弁護士さんに詳しい話を聞いてみたいです。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

まずは専任の受付スタッフが丁寧にお話をお伺いいたします

メールお問い合わせ

来所法律相談30分無料・全国対応・24時間・土日祝日受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

専任の受付スタッフが丁寧に承ります

来所法律相談30分無料・全国対応24時間・土日祝日受付

今すぐ電話相談

メールお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

鈴鹿市で相続放棄手続きをご検討中の方へ

相続放棄をする前に財産調査・相続順位確認をしましょう

相続財産をきちんと調査しましたか?

相続放棄はやり直せません。故人の借金だけでなく、財産や過払い金が後から出てくる事も…。

しっかり調査して手続きを。

相続人の相続順位の確認を忘れずに

相続放棄は新たな相続人を生み出します。故人の両親や祖父母、ご兄弟とその子や孫にまで影響が及びます。

トラブルを避けるためにもご確認ください

相続放棄の手続きには3か月の期限があります

相続を知ってから3か月が過ぎていない方

相続開始から3か月以内に相続放棄のお手続きをしないと遺産だけでなく、借金も相続することになりますので、急いで手続きが必要です。迅速・確実な相続放棄手続きのために、こちらをご覧ください。

相続を知ってから3か月が過ぎていた方

相続放棄手続きの期限が切れた場合でもノウハウを持った弁護士に依頼することで相続放棄が認められる場合があります。相続放棄手続きの期限が切れた方も、諦めずにまずはこちらをご覧ください。

知っていますか?相続放棄における、弁護士と司法書士の違い

司法書士は「書面作成補助者」として依頼人の行為を代行しているに過ぎないので、書類への記入や裁判所への提出など様々なことを自分でやる必要があります。

忙しいあなたへの「代理人」として、煩わしい手続きをすべて行ってくれるのが弁護士なのです。

大阪法律事務所 所長 弁護士 長田 弘樹

相続放棄のご相談事例

鈴鹿市の会社をのこして父が亡くなりましたが、経営が危ういため相続放棄したいです。

現在、鈴鹿市で父の事業を手伝いながら、家族5人で生活をしています。家族は妻、娘2人と父の5人です。

父は鈴鹿市で電気工事会社を一代で立ち上げ、職人さんを数人雇いながら、仕事をしており、私も現場担当の責任者として働いています。しかし、この業界は競争が激しく、経営自体がかなり厳しい状態でもあります。そんなことから、銀行から融資も繋ぎながら、何とか会社を維持しているのでした。

しかし、この数ヵ月、父の体調が思わしくなく、病院で診察をしてもらうと、肝臓ガンで余命ひと月という最悪の状態でした。このままでは会社の経営や遺産の相続の件で、色々と決めなければならないこともあります。意識のあるうちに父と話し合いたかったのですが、それもかなわず、帰らぬ人となってしまいました。

そのことから、遺産の相続は全て放棄して、会社も精算すること。そして、職人さんの再就職先も見つけること等を話し合ったのです。幸いにも鈴鹿市のマンションは、私の名義になっていることや、本業とは別にネットトレーディングでの収入があるために、生活には困りません。

それでも会社精算のことや負債のこと、相続放棄のことも、法的な手続きが分からないために、弁護士の先生に相談をして絡み合った問題を解決したいと思っています。それでも父親一代で築いた会社を精算することは、とても辛いことですし、長年、支えたくれた職人さんとの別れも辛いのですが、今はこれしか手立てがないと思っているのです。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。