メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-177-048

24時間受付・年中無休・通話無料

来所法律相談
30無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

亀山市で遺産相続に関するお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALGにご相談下さい

来所法律相談
30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-177-048

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・無料電話
メールでお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

遺産相続のご相談は
弁護士法人ALGにお任せください

  • 全国対応

    遠方に住む相続人
    がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

年間累計反響件数

年間累計反響件数

年間相談件数()の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。 ※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

弁護士法人ALGへのご依頼後は、お客様が煩雑な手続きをする必要は
一切ありません!

遺産相続のご相談事例

社員が亡くなり亀山市の実家に連絡をしましたが、電話を切られてしまい、どうしたらいいのかわかりません。

私は50歳の女性です。夫と一緒に農業に従事しており、温室栽培で野菜を作っています。子どもは2人いますが、それぞれ近郊で会社勤め、家庭を作っています。

うちは一応有限会社の形を取っており、3人の社員さんがいます。うち二人は地元男性ですが、2年前からHさんという若い男性を雇い入れました。

30歳のHさんはちょっと変わった方で、亀山市でサラリーマンをしていたがドロップアウト、一人旅をしていた所で農業をしたくなり、うちに「手伝い要りませんか」と言ってきたのです。なかなか手つきが器用で、トラクターもうまく運転するため、その後社員として雇いました。一応履歴書は見ましたが、有名大を出て某企業をやめたことぐらいしかわかりません。

そのHさんが、ある時急に行方不明になりました。無断出勤なんて珍しいので心配していると、浜で溺死していたのが見つかったのです。警察の方から連絡があり、大慌てでHさんの家族に電話しようとしました。履歴書に添えてあった亀山市の実家へ連絡すると、「Hは絶縁した人間です!」と言われて一方的に切られてしまいました。

Hさんは亀山市で暮らす家族の話を一切しようとしませんでしたが、相当な過去があったのでしょうか。仕方がなく我が家で葬儀を行うことになりましたが、身よりもないHさんの急死に、誰もが戸惑いを隠せません。

また、Hさんが所有していた持ち物や財産の相続についても、何をどうしたらよいのか皆目見当がつかない状態です。何か間違いがあっては亡くなったHさんに申し訳ないし、弁護士の先生に全てお任せしたいのですが…。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

まずは専任の受付スタッフが丁寧にお話をお伺いいたします

メールお問い合わせ

来所法律相談30分無料・全国対応・24時間・土日祝日受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

専任の受付スタッフが丁寧に承ります

来所法律相談30分無料・全国対応24時間・土日祝日受付

今すぐ電話相談

メールお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

亀山市で相続放棄手続きをご検討中の方へ

相続放棄をする前に財産調査・相続順位確認をしましょう

相続財産をきちんと調査しましたか?

相続放棄はやり直せません。故人の借金だけでなく、財産や過払い金が後から出てくる事も…。

しっかり調査して手続きを。

相続人の相続順位の確認を忘れずに

相続放棄は新たな相続人を生み出します。故人の両親や祖父母、ご兄弟とその子や孫にまで影響が及びます。

トラブルを避けるためにもご確認ください

相続放棄の手続きには3か月の期限があります

相続を知ってから3か月が過ぎていない方

相続開始から3か月以内に相続放棄のお手続きをしないと遺産だけでなく、借金も相続することになりますので、急いで手続きが必要です。迅速・確実な相続放棄手続きのために、こちらをご覧ください。

相続を知ってから3か月が過ぎていた方

相続放棄手続きの期限が切れた場合でもノウハウを持った弁護士に依頼することで相続放棄が認められる場合があります。相続放棄手続きの期限が切れた方も、諦めずにまずはこちらをご覧ください。

知っていますか?相続放棄における、弁護士と司法書士の違い

司法書士は「書面作成補助者」として依頼人の行為を代行しているに過ぎないので、書類への記入や裁判所への提出など様々なことを自分でやる必要があります。

忙しいあなたへの「代理人」として、煩わしい手続きをすべて行ってくれるのが弁護士なのです。

大阪法律事務所 所長 弁護士 長田 弘樹

相続放棄のご相談事例

亀山市の整備工場が負債を抱えているため相続放棄を検討しています。

アトリエを経営しています。住まいも亀山市のマンションで家族4人暮らしです。実家は自動車整備工場を亀山市内で営んでいます。

私も若い頃は、メカの仕事が嫌いではなかったのですが、当時のお客さんがアトリエを開いていることに魅せられて、今の仕事に至っているのです。いきなり畑違いの仕事に戸惑いもありましたが、今では何とか安定した経営ができています。

実家の整備工場は、現在では弟が継いで頑張っています。ただ、最近は大手のカーディーラーの下請けもあり、決して経営的には楽ではなさそうなのです。そんな状態の中で、父が急に帰らぬ人となってしまいました。

実質的な経営は弟ですが、法的には父が未だにオーナーだったため、会社の経営権や遺産相続のことで、頭を悩ます弟なのでした。実は工場の経営を支えるために、亀山市の実家を担保に銀行から多額の融資を受けていた父。しかし、これから先、この負債を弟が返済していく自信がなかったのです。

そのようなことから、整備工場を他の人に譲るか、あるいは相続放棄という形で、全てをゼロにするか迷っている弟なのです。私も実家を弟にお願いして出てきた身なので、彼1人には押し付けるようなことができません。具体的な手続きも分からず、本当にこのままで相続放棄をすることができるのかさえ見えないために、一旦、弁護士の方に相談をしてみて、冷静な対処の方法を見つけるしかないなと思っているところなのです。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。