メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-177-048

24時間受付・年中無休・通話無料

来所法律相談
30無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

安八郡神戸町で遺産相続に関するお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALGにご相談下さい

来所法律相談
30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-177-048

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・無料電話
メールでお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

遺産相続のご相談は
弁護士法人ALGにお任せください

  • 全国対応

    遠方に住む相続人
    がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

年間累計反響件数

年間累計反響件数

年間相談件数()の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。 ※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

弁護士法人ALGへのご依頼後は、お客様が煩雑な手続きをする必要は
一切ありません!

遺産相続のご相談事例

遺言書に名前が無かったのですが、遺言書を無視して相続することは可能でしょうか。

事務員の仕事をしている共働きの主婦です。先日亡くなった父親の相続に関して悩みがあります。家族構成については夫と子供との3人家族で、他に安八郡神戸町の実家で暮らしている母親と兄がいます。

生前の父親は既に定年退職をしていて実家で母親や兄と一緒に暮らしていたのですが、ある時に急に倒れてしまってそのまま安八郡神戸町内の病院で亡くなってしまいました。父親が亡くなってすぐに遺言書が見つかったのですが、その内容についた問題があって相続に関して悩むことになってしまいました。

遺言書には相続について記載されていてそれぞれの相続分も書かれていたのですが、書かれていたのは母親と兄のみで私については何も記載されていませんでした。私の相続分について記載されていなかった理由は分かっていて、恐らく私が結婚する時に父親と揉めてしまったことが原因だと思います。ただ父親が亡くなる頃には良好な関係に戻っていたので、母親も兄も遺言書を書き直す前に亡くなっただけだろうと考えています。

そのため遺言書のことは気にせず平等に配分するべきだと言ってくれているのですが、内容がどうであれ遺言書があるのにそれに従わないのは本当に大丈夫なのかなという不安があります。もし可能であるなら母親や兄が言うように平等に配分するのが理想なのですが、2人に迷惑を掛けないためにも本当に大丈夫なのか知りたいです。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

まずは専任の受付スタッフが丁寧にお話をお伺いいたします

メールお問い合わせ

来所法律相談30分無料・全国対応・24時間・土日祝日受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

専任の受付スタッフが丁寧に承ります

来所法律相談30分無料・全国対応24時間・土日祝日受付

今すぐ電話相談

メールお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

安八郡神戸町で相続放棄手続きをご検討中の方へ

相続放棄をする前に財産調査・相続順位確認をしましょう

相続財産をきちんと調査しましたか?

相続放棄はやり直せません。故人の借金だけでなく、財産や過払い金が後から出てくる事も…。

しっかり調査して手続きを。

相続人の相続順位の確認を忘れずに

相続放棄は新たな相続人を生み出します。故人の両親や祖父母、ご兄弟とその子や孫にまで影響が及びます。

トラブルを避けるためにもご確認ください

相続放棄の手続きには3か月の期限があります

相続を知ってから3か月が過ぎていない方

相続開始から3か月以内に相続放棄のお手続きをしないと遺産だけでなく、借金も相続することになりますので、急いで手続きが必要です。迅速・確実な相続放棄手続きのために、こちらをご覧ください。

相続を知ってから3か月が過ぎていた方

相続放棄手続きの期限が切れた場合でもノウハウを持った弁護士に依頼することで相続放棄が認められる場合があります。相続放棄手続きの期限が切れた方も、諦めずにまずはこちらをご覧ください。

知っていますか?相続放棄における、弁護士と司法書士の違い

司法書士は「書面作成補助者」として依頼人の行為を代行しているに過ぎないので、書類への記入や裁判所への提出など様々なことを自分でやる必要があります。

忙しいあなたへの「代理人」として、煩わしい手続きをすべて行ってくれるのが弁護士なのです。

大阪法律事務所 所長 弁護士 長田 弘樹

相続放棄のご相談事例

借地権を結んだ土地の相続放棄をしてもいいですか?

安八郡神戸町に住む会社員です。昨年、80歳を前にして父が亡くなりました。母は健在です。

父は数年前より心臓病を患っており、余命宣告されておりました。しかし余命宣告よりも早く、突然の発作がきっかけとなり安八郡神戸町内の病院で息を引き取りました。

実家の家族構成は兄、私、弟と妹が3人の6人兄弟で、全員が三重県に住んでおります。私と母は昔から折り合いが悪かったです。そのせいもあって、仲の良かった兄弟達とも次第に疎遠気味になってしまい、現在では完全に孤立した状態です。

父には借金はなく、反対に不動産など多数の資産を保有していました。私は父の生前に、父名義の安八郡神戸町の土地に私名義の建物を建てました。そして建てる際に父と土地の借地権を結びました。借地権を結ぶ経緯は、「この土地に建物を建てたい」という私の申し出に、父は「土地を譲ってもよい」と言ったのですが、母がそれを強く拒んだからです。たくさんの話し合いの末の妥協点が借地権でした。

今回ご相談したい内容は、父と結んだ借地権を活かして、土地の相続放棄をしていいものかどうかです。先にも話しましたが、私は母とその他の兄弟達から完全に孤立した状態です。できれば、借地権を結んだ土地の相続をしたいのですが、あまり関わりたくないのが正直なところです。また、母やその他の兄弟たちがすんなり土地を相続させてくれるとも思いません。現在はこの土地で私の息子が商売をしているので、なるべく波風を立てずに解決したいです。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。