メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-177-048

24時間受付・年中無休・通話無料

来所法律相談
30無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

八女市で遺産相続に関するお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALGにご相談下さい

来所法律相談
30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-177-048

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・無料電話
メールでお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

遺産相続のご相談は
弁護士法人ALGにお任せください

  • 全国対応

    遠方に住む相続人
    がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

年間累計反響件数

年間累計反響件数

年間相談件数()の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。 ※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

弁護士法人ALGへのご依頼後は、お客様が煩雑な手続きをする必要は
一切ありません!

遺産相続のご相談事例

八女市で亡くなった父、祖父から受け継いだ財産の相続をどうするか、何から手を付けたら良いかわからないので弁護士に相談したい。

私は八女市で生まれ育ち、そのまま八女市で暮らしている会社員です。

私は5人兄弟の長男として育ち、一番下の妹はまだ大学生です。そんな中、父が長期間の入院生活の果て、65歳という若さで亡くなりました。ある程度覚悟はしていたものの、私だけではなく、下の弟や妹の事を考えると本当に辛い思いでいっぱいです。

しかし、長男と言う事もあり、悲しんでばかりではいられません。すぐに葬儀の手配を行い、無事に喪主として勤めあげる事ができた後、待ち受けていたのが相続問題でした。父は会社員でしたが、父の両親、つまり、私たちの祖父が残した土地などを含む財産が多少あります。その事は以前、父から聞いた事があったのですが、まさか、こんなに早く父が他界するとは思っていなかった為、あまり、詳しい事を聞く事はありませんでした。

その為、実際、どの程度の遺産が父にあるのか?また、土地などはどのようになっているのかという事も分からず、母を交え兄弟5人で相続問題の壁にぶち当たっている状態です。母は専業主婦だった為、これからの生活においても、父が残した遺産が大きな役割を示す事は間違いありません。また、一番下の妹はまだ学生だと言う事もあり、相続の管理においても母や私で行わなければいけないと考えています。

その為、考えることが多く、私一人ではどこから手を付ければ良いのかわからない状態になっている事は間違いありません。一度八女市で対応する弁護士に相談し、今後どのように相続問題を進めて行けば良いのか相談したいと考えています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

まずは専任の受付スタッフが丁寧にお話をお伺いいたします

メールお問い合わせ

来所法律相談30分無料・全国対応・24時間・土日祝日受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

専任の受付スタッフが丁寧に承ります

来所法律相談30分無料・全国対応24時間・土日祝日受付

今すぐ電話相談

メールお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

八女市で相続放棄手続きをご検討中の方へ

相続放棄をする前に財産調査・相続順位確認をしましょう

相続財産をきちんと調査しましたか?

相続放棄はやり直せません。故人の借金だけでなく、財産や過払い金が後から出てくる事も…。

しっかり調査して手続きを。

相続人の相続順位の確認を忘れずに

相続放棄は新たな相続人を生み出します。故人の両親や祖父母、ご兄弟とその子や孫にまで影響が及びます。

トラブルを避けるためにもご確認ください

相続放棄の手続きには3か月の期限があります

相続を知ってから3か月が過ぎていない方

相続開始から3か月以内に相続放棄のお手続きをしないと遺産だけでなく、借金も相続することになりますので、急いで手続きが必要です。迅速・確実な相続放棄手続きのために、こちらをご覧ください。

相続を知ってから3か月が過ぎていた方

相続放棄手続きの期限が切れた場合でもノウハウを持った弁護士に依頼することで相続放棄が認められる場合があります。相続放棄手続きの期限が切れた方も、諦めずにまずはこちらをご覧ください。

知っていますか?相続放棄における、弁護士と司法書士の違い

司法書士は「書面作成補助者」として依頼人の行為を代行しているに過ぎないので、書類への記入や裁判所への提出など様々なことを自分でやる必要があります。

忙しいあなたへの「代理人」として、煩わしい手続きをすべて行ってくれるのが弁護士なのです。

大阪法律事務所 所長 弁護士 長田 弘樹

相続放棄のご相談事例

何かあったら○子に貯金をあげてね、と言っていた友人が八女市で亡くなりました。

八女市に住む25歳の大学院生・女性です。両親と実家暮らしです。

私にはとても大切な友人がいました。中学校の時からの同級生で、Hと言います。お互いの家に入り浸って宿題や試験勉強をし、遊びに出かける時もいつも一緒でした。「まるで姉妹か双子みたいだね」と周囲に言われていたものです。

Hの家には明るいお母さんと優しいお父さんがいましたが、ある時「実は本当の両親じゃないんだ」と打ち明けられました。Hは里子だったのですが、特に気にかけている様子ではありませんでしたから、私もそういうものかと自然に受け取っていました。

私が大学へ行って研究職を目指すのを決めた頃、Hもトリマーになるべく専門学校に通い出しました。彼女にとって天職だったようで、卒業と同時に八女市内の大型店舗に就職し、経済的にかなり成功していたようです。その頃はお互いに忙しく、さすがにずっと一緒にいることはできませんでしたが、時々会うたびに「稼ぎがいいんだから、私がおごるよ」と言っていたものです。

そのHが先月、交通事故で亡くなってしまいました。オートバイで職場に向かう途中、大型トラックにはねられてしまったのです。Hの両親とともに、搬送先の八女市内の病院にかけつけましたが、意識が戻る事なく亡くなってしまいました。

あまりに泣きすぎて、葬儀もろもろの記憶がほとんど飛んでいます。少し経ったところで、憔悴してやつれたHの両親に招かれ、H宅に行きました。Hの両親が言うには、Hは500万円ほどの貯金を残していました。「私が万が一死んじゃったりしたら、○子(私)にあげてよ。あの子、研究するのにお金が要るし、そのために使ってもらえれば私も本望だよ。」という風に、生前冗談めかして言っていたというのです。

「その時は縁起が悪い!とあの子を叱ったんだけど、よく考えれば○子ちゃんにもらってもらった方が、Hも嬉しいと思うの。」とお母さんに言われました。そんな風に私を思っていたHの事を考え、また涙が出たのですが、やはり私はもらえない…と思うのです。例えばHの遺品を形見にもらえれば励みになるのですが、お金はもらえません。自分の力で、今後の研究を切り開いていかなければいけないと思っていたからです。

ですがここで相続放棄をすると、やはりHの遺志を踏みにじることになるのだろうか?と逡巡してもいます。まず、実際に法律的な所で何かしらの問題があるのかないのか、弁護士の先生に聞いてみたいと考えています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。