メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-177-048

24時間受付・年中無休・通話無料

来所法律相談
30無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

みやま市で遺産相続に関するお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALGにご相談下さい

来所法律相談
30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-177-048

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・無料電話
メールでお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

遺産相続のご相談は
弁護士法人ALGにお任せください

  • 全国対応

    遠方に住む相続人
    がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

年間累計反響件数

年間累計反響件数

年間相談件数()の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。 ※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

弁護士法人ALGへのご依頼後は、お客様が煩雑な手続きをする必要は
一切ありません!

遺産相続のご相談事例

みやま市で父が突然亡くなりましたが、遺言書の内容に納得がいきません

自営業を営んでおります。出身は福岡県です。先月父が、みやま市内の病院で亡くなりました。母は私が幼少の頃に亡くなっており、他の家族は妹だけです。妹は父とみやま市の家で同居していました。

父は定年退職後、みやま市にマンションを購入し、マンションオーナーとしての収入を得ていました。実家では妹が家事をしてくれていたため、私は年に数回実家を訪れるぐらいでした。妹は一度結婚しましたが、夫婦仲がうまくいかなくて離婚した後、実家に戻り父と同居していました。

先月、妹が外出先から帰宅すると、父が部屋で倒れており、救急車で搬送されました。脳出血の緊急手術を受け、集中治療室で治療を受けましたが、帰らぬ人となりました。急なことでしたので、遺言書は無いと考えておりましたら、妹が実家の父の部屋で遺言書を発見しました。内容は、妹に購入したマンションを譲るとだけ記されており、私に関する記載は一言もありませんでした。

私と妹は父が亡くなる前までは、何の諍いも無い仲の良い兄弟でしたが、父の遺言書が見つかってからは、何となくおかしな感じになりました。私は自営業がうまくいかないときでも、父の資金をあてにすることもせずに、むしろ父に対する尊敬の気持ちで早く孝行したいと考えてきました。

しかし、私は父のことを何も知らなかったのかもしれません。もしかしたら、私の知らない隠し財産を父は妹には教えているのではないか……。亡くなった父の財産についても、殆ど知らないということに、今頃気付きました。このような不安な状態のまま、妹と相続の話し合いをすることは困難です。

いっそ、第三者である弁護士の先生に、相続の問題を依頼して解決に導いて貰った方が良いのではないかと考えています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

まずは専任の受付スタッフが丁寧にお話をお伺いいたします

メールお問い合わせ

来所法律相談30分無料・全国対応・24時間・土日祝日受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

専任の受付スタッフが丁寧に承ります

来所法律相談30分無料・全国対応24時間・土日祝日受付

今すぐ電話相談

メールお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

みやま市で相続放棄手続きをご検討中の方へ

相続放棄をする前に財産調査・相続順位確認をしましょう

相続財産をきちんと調査しましたか?

相続放棄はやり直せません。故人の借金だけでなく、財産や過払い金が後から出てくる事も…。

しっかり調査して手続きを。

相続人の相続順位の確認を忘れずに

相続放棄は新たな相続人を生み出します。故人の両親や祖父母、ご兄弟とその子や孫にまで影響が及びます。

トラブルを避けるためにもご確認ください

相続放棄の手続きには3か月の期限があります

相続を知ってから3か月が過ぎていない方

相続開始から3か月以内に相続放棄のお手続きをしないと遺産だけでなく、借金も相続することになりますので、急いで手続きが必要です。迅速・確実な相続放棄手続きのために、こちらをご覧ください。

相続を知ってから3か月が過ぎていた方

相続放棄手続きの期限が切れた場合でもノウハウを持った弁護士に依頼することで相続放棄が認められる場合があります。相続放棄手続きの期限が切れた方も、諦めずにまずはこちらをご覧ください。

知っていますか?相続放棄における、弁護士と司法書士の違い

司法書士は「書面作成補助者」として依頼人の行為を代行しているに過ぎないので、書類への記入や裁判所への提出など様々なことを自分でやる必要があります。

忙しいあなたへの「代理人」として、煩わしい手続きをすべて行ってくれるのが弁護士なのです。

大阪法律事務所 所長 弁護士 長田 弘樹

相続放棄のご相談事例

みやま市内のマンションで暮らす父が亡くなり、姉と遺産相続で揉めたくないので相続放棄を検討しています

みやま市で暮らす81歳の兄が亡くなり、残っている遺産は私と姉の二人で分割することになります。兄は生涯未婚で子供もおらず、私たち姉妹で遺産を引き継ぐことになりました。財産は数十万円ほどの貯金と、時価総額30万円ほどの株券、そしてバブル期に購入したゴルフ会員権です。兄はもともとみやま市に一戸建ての自宅を所有していましたが、既に売却して晩年はみやま市内のマンションで過ごしていました。

実は私と姉は数年前から仲が悪く、連絡を一切取っていませんでした。疎遠になったキッカケは母の死去に伴う遺産分割です。死亡保険金の受取人が私になっていたことに姉が腹を立て、私から遺産を奪い取ろうとしたのでした。

姉の行動は、貯金の囲い込みや、実家から私を締め出して勝手に遺品整理をするなど徹底したものでした。結局、弁護士に訴えて調停を起こし、全ての財産を半々にして相続するということで決着。解決までに約一年を要する長い戦いで、弁護士費用も高く、得た金額以上に疲弊してしまいました。

そういった経験があるので、私としてはもう面倒なことに関わりたくありません。姉に全額が渡ってしまうことは腹立たしいのですが、それ以上に姉と話したくないのです。遺産総額は大した金額ではありませんし、差し出してやったほうがかえって姉のプライドが傷付くはずです。

そのような事情のため、私は兄の遺産を相続放棄しようと思っています。これは自力で簡単に手続きできるのでしょうか?それともみやま市で対応する弁護士に依頼すべきなのでしょうか?

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。