メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-177-048

24時間受付・年中無休・通話無料

来所法律相談
30無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

平戸市で遺産相続に関するお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALGにご相談下さい

来所法律相談
30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-177-048

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・無料電話
メールでお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

遺産相続のご相談は
弁護士法人ALGにお任せください

  • 全国対応

    遠方に住む相続人
    がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

年間累計反響件数

年間累計反響件数

年間相談件数()の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。 ※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

弁護士法人ALGへのご依頼後は、お客様が煩雑な手続きをする必要は
一切ありません!

平戸市で相続放棄手続きをご検討中の方へ

相続放棄をする前に財産調査・相続順位確認をしましょう

相続財産をきちんと調査しましたか?

相続放棄はやり直せません。故人の借金だけでなく、財産や過払い金が後から出てくる事も…。

しっかり調査して手続きを。

相続人の相続順位の確認を忘れずに

相続放棄は新たな相続人を生み出します。故人の両親や祖父母、ご兄弟とその子や孫にまで影響が及びます。

トラブルを避けるためにもご確認ください

相続放棄の手続きには3か月の期限があります

相続を知ってから3か月が過ぎていない方

相続開始から3か月以内に相続放棄のお手続きをしないと遺産だけでなく、借金も相続することになりますので、急いで手続きが必要です。迅速・確実な相続放棄手続きのために、こちらをご覧ください。

相続を知ってから3か月が過ぎていた方

相続放棄手続きの期限が切れた場合でもノウハウを持った弁護士に依頼することで相続放棄が認められる場合があります。相続放棄手続きの期限が切れた方も、諦めずにまずはこちらをご覧ください。

知っていますか?相続放棄における、弁護士と司法書士の違い

司法書士は「書面作成補助者」として依頼人の行為を代行しているに過ぎないので、書類への記入や裁判所への提出など様々なことを自分でやる必要があります。

忙しいあなたへの「代理人」として、煩わしい手続きをすべて行ってくれるのが弁護士なのです。

大阪法律事務所 所長 弁護士 長田 弘樹

相続放棄のご相談事例

平戸市の叔父が亡くなったのですが、相続放棄について悩んでいます。

平戸市で農業関連の会社に勤めている、兼業主婦・29歳です。18歳でできちゃった婚をして、実家からは勘当されてしまったのですが、母の兄である伯父が援助をしてくれて、何とか夫(28歳)と一緒に生活してきました。現在夫はトラック運送業、娘は小学校4年生です。

伯父は平戸市で美容整形外科の開業医をしており、私は子どもがごく小さいうち、そこのクリニックで受付や雑用のアルバイトをさせてもらっていました。おじはそのバイト代として、かなりのお金を援助してくれたのです。

やがて子どもが大きくなり、夫の仕事も安定してきたので、私もフルタイムで働き始めました。実家とは今でも距離がありますが、両親は孫の成長とともに少しずつ態度を軟化させてきたと思います。母は時々平戸市の私たちのマンションに来ますし、父も自家栽培の野菜を送ってくれることがあります。

そんな日々を暮らしていたのですが、先日、母が慌てて電話をしてきて、伯父が急死したと言いました。かなり寒い日の事、浴室で倒れてそのまま意識不明になってしまい、平戸市内の病院に運ばれて亡くなったというのです。

少し前に会った時はとても元気そうだったのに、と心が張り裂けそうでした。伯父の自宅にて盛大な告別式があり、その後でおばに呼ばれました。私の両親、夫、従姉(伯父の娘です)を前に、おばはこう言いました。

「クリニックは実は自転車操業状態で、器具のリース代の払いもあやふやだった程でした。負債が大きいため、私と娘とは相続放棄をし、唯一の財産であるこの家も、早々に手放そうと思います。ですから皆さんも、どうぞ相続放棄をして下さい」と…。

おばは続けて、「ですが、本人の遺志で形見分けの品は別にわけてあります。後日お届けします」とも言いました。そして実際、私のもとにはかなりの量のアクセサリーが送られてきました。

優しかった伯父のことを想うと悲しくなるのですが、もう私は散々お世話になった身です。こんな価値の高そうなものをもらってはいけないと思いますし、また形見分けとは言えど、やはり何らかの相続税がかかってくるのでは?と危惧してもいます。改めて相続放棄を宣言し、この貴金属をおばと従姉に返送しようと思うのですが…。私はどうするのが一番いいのか、弁護士に相談したいと考えています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。