メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-177-048

24時間受付・年中無休・通話無料

来所法律相談
30無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

千葉市稲毛区で遺産相続に関するお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALGにご相談下さい

来所法律相談
30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-177-048

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・無料電話
メールでお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

遺産相続のご相談は
弁護士法人ALGにお任せください

  • 全国対応

    遠方に住む相続人
    がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

年間累計反響件数

年間累計反響件数

年間相談件数()の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。 ※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

弁護士法人ALGへのご依頼後は、お客様が煩雑な手続きをする必要は
一切ありません!

遺産相続のご相談事例

千葉市稲毛区で亡くなった祖父の相続で、自称いとこに付きまとわれて困っています。

私は千葉市稲毛区に住む女子大学生です。自宅敷地内に、私と両親の家・そして父方の祖父母の家があり、離れてはいるものの二世帯住宅のような家に住んでいます。

先日、めまいを起こして倒れた祖父が稲毛区の病院に担ぎ込まれましたが、そのまま亡くなってしまいました。持病が悪化していたのですが、あまりにも急な事で誰もが衝撃を受けていました。

祖父は10年ほど前にも同じような発作を起こしており、その時は回復して持ち直しました。それをきっかけに、遺産相続についても明文化した遺書を残していたのです。資産としては稲毛区の自宅と土地、さらに銀行預金がありました。

その記述によれば(私は直接見ていませんが)、配偶者である祖母、そして唯一の子である私の父が相続人になるはずです。ところが、告別式の終わりの方で、変な話し方の男性が私たち遺族にまとわりつくようになりました。

その中年男性いわく、自分は祖父のいとこにあたるとか言う人で、戦後の厳しい時期に祖父をかなり助けてやったのだ…と、真偽が全くわからない話を大きな声で話します。あげくに「●さん(祖父)は会社でも成功したんだから、さぞ遺産は大きいことだろう。若い頃に、俺が先に死んだら遺産の何割かをもらってくれって言われてたんだよ。」と、冗談のような遺産相続わけを要求し始めたのです。

初めは意に介さなかったのですが、四十九日が終わらないうちにも何度も何度も訪ねてきますし、電話もかけてくるのです。私も何度か路上で呼び止められ、振り切るのに本当に苦労しました。

言いがかりのようなので警察に相談した方がいいのか、あるいは弁護士に相談してきちんと対処した方がよいのか、残された家族の間でも判断をつけかねています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

まずは専任の受付スタッフが丁寧にお話をお伺いいたします

メールお問い合わせ

来所法律相談30分無料・全国対応・24時間・土日祝日受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

専任の受付スタッフが丁寧に承ります

来所法律相談30分無料・全国対応24時間・土日祝日受付

今すぐ電話相談

メールお問い合わせ

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

千葉市稲毛区で相続放棄手続きをご検討中の方へ

相続放棄をする前に財産調査・相続順位確認をしましょう

相続財産をきちんと調査しましたか?

相続放棄はやり直せません。故人の借金だけでなく、財産や過払い金が後から出てくる事も…。

しっかり調査して手続きを。

相続人の相続順位の確認を忘れずに

相続放棄は新たな相続人を生み出します。故人の両親や祖父母、ご兄弟とその子や孫にまで影響が及びます。

トラブルを避けるためにもご確認ください

相続放棄の手続きには3か月の期限があります

相続を知ってから3か月が過ぎていない方

相続開始から3か月以内に相続放棄のお手続きをしないと遺産だけでなく、借金も相続することになりますので、急いで手続きが必要です。迅速・確実な相続放棄手続きのために、こちらをご覧ください。

相続を知ってから3か月が過ぎていた方

相続放棄手続きの期限が切れた場合でもノウハウを持った弁護士に依頼することで相続放棄が認められる場合があります。相続放棄手続きの期限が切れた方も、諦めずにまずはこちらをご覧ください。

知っていますか?相続放棄における、弁護士と司法書士の違い

司法書士は「書面作成補助者」として依頼人の行為を代行しているに過ぎないので、書類への記入や裁判所への提出など様々なことを自分でやる必要があります。

忙しいあなたへの「代理人」として、煩わしい手続きをすべて行ってくれるのが弁護士なのです。

大阪法律事務所 所長 弁護士 長田 弘樹

相続放棄のご相談事例

千葉市稲毛区で負債を抱えなくなった同僚の父。相続放棄を勧めましたが……。

現在、私は賃貸暮らしで会社員として働いています。毎日、満員電車に揺られて、辛いサラリーマン生活でもあるのですが、仕事の生活は充実してやりがい感を感じている毎日です。

しかし、会社の同僚を見ていると、やり切れない気持ちになっていました。それは、その同僚が仕事に対する情熱が薄いからでした。周囲の社員も決していい感情は持っていませんでした。常に仕事はルーズでいつ辞めさせられても、おかしくない程です。しかし、組合の関係から守られていることから解雇されないのでした。

どうして、ここまで仕事に熱中しないかと言えば、千葉市稲毛区の実家が資産家だからです。彼の実家は、稲毛区にいくつもの貸ビルを経営していることから、生活面では不安がないのです。当の本人も、そのために脇が甘いのです。社会人としては、決していい評価を得ることはないくらいです。サラリーマンをしているのも、単なる娯楽程度と考えている印象さえ感じるのですがら、周囲もいい気持ちではありません。

しかし、そんな恵まれた環境は長くは続かないものです。稲毛区の病院に入院していた彼の父親が急逝したのですが、その後に発覚したのが、大きな負債を抱えていたことでした。それは、賃貸ビルの家賃収入が減っていたことに加え、老朽化したビルの改修等で銀行から多額の融資を受けていたからでした。その状態で彼が相続すると、大きな負債を抱えてしまうのです。

それからというものの、会社にいても、いつもの平然とした姿勢がなくなったのです。そして、いつも高武者に接していた彼が、私にこっそりと相談してきたのです。相続放棄をする方法をです。一番の最善の策は、弁護士に相談することでした。そのことを教えはしましたが、彼がどこまで本気で考えるのか、不安でもあります。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。